まるでフランスの街角!プジョー504クーペとシトロエンDSをベルリンで見かけて

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

クリスマスまで一週間を切ったドイツ。街中の様々な場所でクリスマスマーケットが開かれていて、訪れた人々がかなり寒い中でもホットワインを飲みながら、友人や家族と話し込む姿がよく見られます。そんな華やかな雰囲気の中、「ここはフランス?」と思うような光景に出会いました。プジョー504クーペとシトロエンDSです。

ピニンファリーナがデザインを手がけた、プジョー504クーペ

向かって左が、プジョー504クーペ。右がシトロエンDS23パラスです。どちらのクルマも、個性的で美しいスタイリングを持っています。二重駐車していることが少し気になりますが、ドイツには車庫証明という制度自体が存在しないので、オーナーは同一人物か、家族なのかもしれませんね。プジョー504クーペも、シトロエンDSも、それぞれベルリンで見かけたことはありましたが、このように一箇所に集まっているところを見たのは初めてです。

プジョー504クーペのデビューは1969年。前年に発表されたセダンをベースに、ホイールベースの短縮などかなり手を加えられた独自のボディを持っていました。ボディの製作とデザインを担当したのは、イタリアの名門カロッツェリア、ピニンファリーナです。プジョーとは深い縁のあるピニンファリーナは、ここでも決定的な仕事をしました。緩やかに湾曲したフロントボンネットと、尻すぼみのトランクリッド、それらを繋げるサイドウインドウ下の流れるようなラインはとても美しく、さすがはピニンファリーナ!と膝を打ちたくなります。

プジョー504クーペは、セダンの価格の約2倍という高価なモデルでしたが、当時のラリーでも活躍しました。もともと504のセダンで参戦していたプジョーは、旧フランス領の多いアフリカでのラリーで勝ち星を積み上げていて、のちに504クーぺにシフト。504クーペでの参戦はグループB開始の前年・1981年まで続き、プジョーのスポーツイメージの向上に貢献したり、高い耐久性をアピールしたりすることとなりました。

プジョー504シリーズは、合計340万台近く生産されたとのことですが、現在では見かけることが少なくなりました。中でも、504クーペはかなり希少な存在と言えるでしょう。写真の個体は、ヘッドライトがイエローバルブだったり、エンブレムの金色がきちんと残っていたりと、オーナーの方が大事に維持しているようですね。ちなみに、504クーペと同時期に発表されたカブリオレもとても美しいデザインで、筆者憧れのモデルのひとつです。

シトロエンDSの意外なレース戦歴

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:守屋 健

鹿児島県出身。幼い頃、歯医者の待合室で偶然手に取った自動車図鑑、それに載っていた緑のポルシェ911タ...