古き良きアメリカを体現。大きく豪奢な「キャデラック・エルドラド・コンバーチブル」とドイツの別荘地で邂逅

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

歴史的な猛暑だった2018年の夏。北半球全体がその傾向にあったようで、日本から遠く離れたドイツでも今年は異常な暑さが続きました。9月に入ってからも中旬まではまだ残暑が続いていましたが、下旬に入ってからは激変。ベルリンの日中の最高気温は15度に届かないくらい、最低気温は10度を下回るくらいになってしまいました。今回ご紹介するのは、9月のまだ暑さが少し残っていた時期に出会った1台。川沿いの別荘地にひっそりと停まっていた、豪奢なキャデラック・エルドラドです。

ドイツで意外なほど人気の「アメリカ車」

ドイツでは、伝統的に合理性や経済性、安全性といった機能面を重視したクルマが多く、富裕層向けのリムジンのようなクルマを除けば、豪華な装飾よりも虚飾を配したデザインが好まれてきました。メルセデス・ベンツのSクラスのような車両価格が高いクルマであっても、ドライバーが目にしたり直接手で触れたりする部分は、あくまで見やすく誤操作が起きないよう大きめのスイッチや配列にするなど、見た目の豪華さよりも機能的であるかどうかが重要なポイントだったのです。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:守屋 健

鹿児島県出身。幼い頃、歯医者の待合室で偶然手に取った自動車図鑑、それに載っていた緑のポルシェ911タ...