ディーゼルながら「2002」の再来?BMW1シリーズカブリオレ「123d」

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

最近では日本でも、その人気の虜になる人は多いディーゼルエンジン。その昔、ディーゼルエンジンというと、燃費がよくタフだけど、うるさくて高速などは得意じゃない。そんなイメージもあって、あまりよいイメージがなかったというのも実情だったと言えるでしょう。しかし、国産でもラインナップは増えてきましたし、輸入車にもとくにドイツ車が積極的に導入。

日本でも身近で一般的な存在になってきた

BMW1シリーズカブリオレ「123d」

新世代のクリーンディーゼルエンジン、静かで軽やかなそのフィーリングも昔のそれとはまったく違うものになり、驚くべきトルクフルな力強い走りを享受できる上に「今までどうしてハイオクガソリンのクルマに乗っていたのだろう」と、一抹の後悔を覚える、という人までいるほどの高い経済性で、日本でもかなり身近で一般的な存在になってきました。趣味性の高いスポーツカーの愛好家も普段の足はディーゼルモデル、そんな方もかなり多いようです。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...