ついに専用ハイウェイまで!ドイツには最高の自転車環境がある

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

ドイツの自転車保有率はオランダに次いで世界第2位。100世帯あたりの保有率は85台でほとんどの家庭が一家に1台自転車を持っていることになります。しかし、一人当たりの自転車購入金額はオランダを抜いてドイツが世界一となり、オランダに並ぶ自転車大国となりました。ドイツの自転車に対する環境整備は欧州の中でも群を抜いており、国民の重要な足として地位を得ています。今回はそんなドイツの自転車事情をご紹介します。

IMG_9754

どこまでも移動できるのは自転車に対する受け入れがあるから

街中での移動やサイクリング、通学通勤にも便利な自転車。中には旅行に行く時だって自転車を持っていく人もいます。隣町まで働きに出ている筆者の友人は、自宅から駅まで自転車に乗り、一緒に電車で隣町まで行ってから会社までまた自転車という通勤スタイルを取っていました。ドイツでは通常の運賃に加えて自転車チケットを購入すれば、自転車と一緒にバスやトラム、電車などの公共交通機関に乗れるため、自転車だけでは遠すぎる距離も楽に移動できるのです。バスや電車内には自転車を置ける専用スペースがあり、自転車同伴の人が乗ってくると他の乗客もサッと場所を空けてくれるので、きちんと理解されているのだなと感じます。

自転車専用道路で快適に走れる

これは有名かと思いますが、ドイツでは歩道の隣に自転車専用道路が整備されているのでとても走りやすいです。

IMG_9767

11412304_821831334590695_7007352522645473577_n
▲幅は歩道よりやや狭め。皆かなりのスピードで走るので、追い越しできるくらいの2台分ほどのスペースがある

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:NAO

在独6年目のライター。Current Europe GmbH (ドイツ現地法人)所属。ドレスデン工科大学修士課程を修了し...