ベルリンを駆け回る初代トゥインゴ。きっとこの先も長く愛され続けていくだろう

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

6月に入り、ベルリンはようやく夏の陽気です。日光浴が大好きなドイツ人のことですから、オープンカーやキャンバストップ、サンルーフ付きのクルマに乗っているオーナーたちは、晴れていればここぞとばかり屋根を開けて走らせています。その中で、一際多く見かけるのがルノー・トゥインゴのキャンバストップ。それも2016年に日本導入された最新のトゥインゴ3ではなく、今もたくさんの初代、トゥインゴ1が元気に駆け回っています。

ベルリンで一番見かけるトゥインゴは、なんと初代!


▲トゥインゴの後期型、キャンバストップです。まつ毛のステッカーがかわいいですね


▲サイドから見ると、タイヤがいかに四隅に配置されているかがわかります


▲この個体は特に綺麗に維持されていました。オーナーの愛情を感じます

トゥインゴ1は、日本では最近めっきり見かけなくなったクルマのひとつ、と言って良いのではないでしょうか。筆者の住むベルリンでは、3代目も2代目もそれなりに見かけますが、まだまだ初代の数が上回っている印象。先程、元気に駆け回っていると書いたものの、生産終了から既に10年が経ち、見た目にもかなりの走行距離を経ていると思われる個体が大半です。ここに載せた写真でも、適度にヤレた姿から、オーナーたちが日常の足としてガンガン乗っている様子が想像できることと思います。現地の中古車情報サイトでも、10万キロ、20万キロ超えの個体は珍しくありません。そんなトゥインゴ1ですが、今でも現地の多くの人々、特に女性オーナーたちから支持され続けています。

スペース効率を追求した結果、左ハンドル仕様しか生産されず……


▲こちらはかなり走り込んでいる様子の後期型、キャンバストップです


▲ホイールキャップなしのスチールホイールもいい雰囲気ですね

ここで、トゥインゴ1の成り立ちを振り返ってみましょう。デビューは1992年のパリ・モーターショー。翌1993年からヨーロッパで販売が開始され、日本へは1995年、当時のインポーターであるフランス・モーターズによって正規輸入が始まりました。130万円強という挑戦的な価格設定でしたが、左ハンドルしか選べなかったことが原因でしょうか……理由ははっきりとわかりませんが、最終的に日本へ入ってきたのは5,000台あまりと言われています。14年間生産され続け、全世界で240万台以上を売り上げたことを考えると、少し寂しい数字に感じますね。

デザイナーはパトリック・ルケマン。1987年にフォードから移り、後にコーポレート・デザイン担当副社長に就任する彼の代表作は、ミニバンの外形をした異色の2ドアハッチバッククーペ・アヴァンタイム、魅惑のリアビューを誇り、ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーも受賞したメガーヌ2、ルノー・スポールのワンメイクレース用競技車両に保安部品だけを付けて市販化したようなルノー・スポール・スパイダーなどが挙げられます。

トゥインゴ1も彼の代表作と言って間違いないでしょう。日本の軽自動車規格より25mmだけ大きい3,425mmの全長に、全幅は意外なほど大きい1,630mm。1,415mmの全高と、オーバーハングをギリギリまで切り詰めて四隅に配置したタイヤのおかげで、大柄な人が乗っても頭上に余裕があり、後席もリクライニングでき、後方にスライドして後席足元を広げることも可能。またシートアレンジも多彩で、前席は前に倒すことも、フルフラットにすることもでき、後席を商用バンのように全体を起こして畳むと、そこには巨大なラゲッジルームが出現する、という合理的な設計でした。小さな車体に大人4人が乗れる広い室内空間、さらに様々なシートアレンジでクルマの使い方を限定させない作りは、フレンチ・ベーシックカー、トゥインゴ1の面目躍如といったところでしょう。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:守屋 健

鹿児島県出身。幼い頃、歯医者の待合室で偶然手に取った自動車図鑑、それに載っていた緑のポルシェ911タ...