季節を問わず大活躍!ドイツで日常的に見かけるクラシックカーの代表格「メルセデス・ベンツW114/W115」

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

ドイツは爽やかな初夏の陽気が続き、川で泳ぐ人もちらほらと見かけるほど、暖かい日が続いています。各地ではクラシックカーの野外イベントが毎週のように開催され、冬の間はガレージでじっとしていた古いクルマたちも、この時期になると羽を伸ばすように公道に姿を見せ始めます。

そんな繊細な扱いが必要なクラシックカーたちに混ざって、季節や天候に関係なく、毎日黙々と走り続ける「日常の足として使われている古いクルマたち」が一定数存在します。そんなクルマの代表格が、今回ご紹介するメルセデス・ベンツW114/W115です。

約192万台生産の大ベストセラー

メルセデス・ベンツW114/W115が登場したのは1968年。1973年のマイナーチェンジを経て、1976年まで8年間、192万台近く生産された大ベストセラーです。1968年登場にちなんで「ストローク・エイト(ドイツ語でStrich Acht:シュトリッヒ・アハト)」と呼ばれます。上位車種に比べると小柄、という意味で「コンパクトクラス」との呼び名もありますが、実際は現在の「Eクラス」につながる系譜のミディアムサルーンです。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:守屋 健

鹿児島県出身。幼い頃、歯医者の待合室で偶然手に取った自動車図鑑、それに載っていた緑のポルシェ911タ...