「最善か無か」の時代に生まれたメルセデス・ベンツ280CE(C123)と邂逅。道具としての美しさは不変だ!

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

メルセデス・ベンツの企業スローガンに「Das Beste oder nichts(最善か無か)」というものがあります。創業から1990年前後まで使われていて、その後しばらく使われなくなり、再び2010年代後半から使われるようになりました。利益率向上策やコストダウンの影響を受けて、品質の低下やリコールの増加を招き「かつての品質は失われた」との声も聞かれるほど一時は信頼を失っていましたが、ここ最近のメルセデス・ベンツのクルマは往年の「最善か無か」を彷彿とさせる圧倒的なクオリティを取り戻していると言ってよいでしょう。

「最善か無か」という企業スローガンが反映されたクルマはどれか?ということに関しては、クルマ好きの間でもよく議論になることですが、今回ご紹介するクルマがかつての「最善か無か」の時代の最中に生まれたことについて異論を挟む方は少ないと思います。CLのドイツ現地レポではすっかりおなじみの存在のHナンバー車ですが、この個体も例に漏れず。Hナンバーを掲げたメルセデス・ベンツ280CE(C123)です。

W123系のクーペでは最も生産数の多いモデル、280CE(C123)

C123は基本のセダンタイプであるW123のバリエーションモデルとして1977年に登場しました。写真の280CEは直列6気筒2746ccDOHCにインジェクションを組み合わせ、当初は177hp、1978年に改良が加えられて185hpを発揮するようになります。クーペはセダンと比べてホイールベースが85mm短く、全高もセダンの1,440mmから1,395mmと45mm低められていて、エレガントさとスポーティさ共存した魅力的なスタイルとなっています。

W123系の総生産台数は269万6,914台で、そのうちクーペが9万9,884台。280CEはクーペモデルの中の最上位モデルとして32,138台が作られました。クーペモデルの約3分の1が280CEだったということになりますね。写真の個体はクロームメッキパーツの状態もよく、雨に濡れた姿がとても美しいです。外装に目立った傷もなく、ドイツ現地の車では珍しくきれいに洗車されており、オーナーが大切に維持していることがわかります。

当時のメルセデス・ベンツの外装で特徴的なのが、この灯火類です。遠くからの視認性と運転者の意思を確実に周囲に伝えるという点を考慮し、前後の灯火類を大型化。今あらためて見ると、フロントのウインカーランプは特に大きいですね。さらにレンズには大きな凹凸が付けられていますが、これはレンズに泥が雪が付着しても視認性が確保できるようにという工夫のひとつ。近年のメルセデス・ベンツのクルマには、この凹凸レンズも装備されなくなってしまいました。

クーペのボディは、今ではほとんど見られなくなってしまったBピラーレスのハードトップ構造です。とてもスッキリしてスタイリッシュなデザインですが、一方でAピラーとCピラー、ルーフをしっかりと強化。事故衝突時や横転時の安全性の確保に抜かりはありません。全長は現行Cクラスとほぼ変わらない4,640mmですから、現代の目で見てもかなりゆったりとしたフォルムのクーペですね。

非常に高品質な凝った構造のシートをエントリーモデルにも採用!

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:守屋 健

鹿児島県出身。幼い頃、歯医者の待合室で偶然手に取った自動車図鑑、それに載っていた緑のポルシェ911タ...