良質な機械式時計を彷彿とさせる「美しい道具」。メルセデス・ベンツ280Sとベルリンにて邂逅!

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

ついにドイツではサマータイム到来!10月27日まで、日本との時差は7時間となります。とはいえ、ドイツでのサマータイムの評価はあまり芳しくなく、「夏の間は夜10時くらいまで明るくて寝られない、睡眠不足になる」「サマータイムと通常時間の切り替え直後、体のリズムの切り替えが難しい」などと、かなりの嫌われもの。つい先日、EU全体ではサマータイム廃止が決まり、来年を最後にドイツも廃止となる予定です。

そんなサマータイム問題はありつつも、ドイツにもようやく遅い春がやってきました。首都ベルリンのあちこちで桜も満開となり、人々も薄着で近所を散歩しています。そんな春らしい陽気の中、陽だまりのような明るいカラーの古いメルセデス・ベンツに出会いました。今回の主役は、非常に「雰囲気」のあるメルセデス・ベンツの280S(W116型)です。

多彩なエンジンラインナップ

W116型は、それまで通称「Sクラス」と呼ばれていた同クラスのセダンに、メルセデス・ベンツが初めて正式に「Sクラス」という名称を与えたモデルとして知られています。生産されていたのは1972年から1980年までで、セダンの総生産台数は47万3,035台。全長4,960mmの標準モデルの他に、5,060mmのロングモデルの2タイプが用意されていました。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:守屋 健

鹿児島県出身。幼い頃、歯医者の待合室で偶然手に取った自動車図鑑、それに載っていた緑のポルシェ911タ...