地元愛とクルマの味にこだわりが強いドイツ。バイエルン州出身なら愛車はBMWは外せない?

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

ドイツでは「Geschmackssache(ゲシュマックスザッヘ=好みの問題)」という言葉があります。Geschmackはもともと「味」という意味なのですが、人がモノの好みを表す場合にも使われています。

そこから派生して「Autogeschmack(アウトゲシュマック=クルマの味)」という言葉も存在します。ドイツの自動車マーケティングでも「クルマの味(好み)の変化」という表現で使われますし、友人と好きな自動車メーカーの話をするときにでも「このメーカーのクルマは自分の味じゃないな」とも使います。

人の好みなんてそれぞれなんだから、クルマのことまで細かくいうな!と思われるのもごもっともなのですが、ドイツでは案外このクルマの「味」にかたよりが出てきます。それがはっきり表れるのが、州別の人気自動車メーカーです。日本では地方によってよく乗られる自動車メーカーのかたよりは少ない印象ですが、ドイツではなぜそうなるのでしょうか?

地元愛が強いドイツ

ドイツは連邦制。16の州から成り立っており、それぞれの州によって条例や祝日、教育・職業システムなども異なります。その州立制の影響もあってか、ドイツ人は地域意識や地元民との結束がとても強いのです。その分、あらゆる地方からの人が集まると、ご当地自慢で話が沸くに沸くドイツ人。地元サッカーチームのファンであることはもちろん、地産地消にこだわり、ビール大国といわれてもレストランでは地元の銘柄しか売らないし、飲まない。クルマにしても同じであり、それぞれの地域(州)によって乗られている人気のクルマ、つまり彼らの好みが出身地によって違ってくるのです。

州別にみるドイツ人のクルマの味

世界的に見ても、ドイツはすでに先進国、経済産業面からも成功している国ですが、国内ではベルリンの壁崩壊から28年経った今でも東西間に経済差があります。筆者が東ドイツに住んでいたころ、クラシックカーはもちろん、ポルシェなどの高級車を目にするのはかなりめずらしいことでした。当時、ドレスデンの観光中心地で働いていましたが、そこでこそ高級車を拝められた日々。しかし、そのほとんどが観光客で、そのクルマも大都市ナンバー。そして西ドイツで暮らす現在は、ポルシェは毎日見るし、高級店がならぶ大通りではエンジン音合戦を聞きながら信号待ち…というのにも慣れてきました。(デュッセルドルフ市内中心部にあるケーニヒ通りは高級スポーツカーがバンバンと通るため、クルマファンのなかでは有名です)西と東、これだけでもだいぶと違うものです。

ドイツの大手保険会社が調査したところによると、ほぼ全州で保有数1位なのはフォルクスワーゲン(VW)でした。やはり「大衆(フォルクス)車(ワーゲン)」という意味だけあり、ドイツ国民の代表的なクルマなのですね。しかし2位以下は州によってそれぞれですが、注目すべきところは「自動車メーカー本社がある州」です。


▲ドイツ各州の人気メーカーランキング(Finanzcheckサイトより)

南ドイツはパワー重視のクルマ
州別のクルマの好みとして一番代表的なのはバイエルン州ではないでしょうか。BMWのおひざもとであるドイツ南部バイエルン州ではBMWのクルマが圧倒的に多いのです。(バイエルン州13.6%、他州平均7%)警察車両も他の州ならVW、メルセデスベンツが一般的ですが、バイエルン州は徹底してBMW。州の公用車も例外ではありません。「ミュンヘン出身なら絶対BMW!」という考えが強いのです。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:NAO

在独6年目のライター。Current Europe GmbH (ドイツ現地法人)所属。ドレスデン工科大学修士課程を修了し...