A45からG65まで!メルセデスAMG パフォーマンスツアーを今年も開催

最終更新日: 公開日:2015-09-24 | Posted in ドイツ現地レポ by

A45からG65まで!メルセデスAMG パフォーマンスツアーを今年も開催

卓越した性能と、圧倒的な存在感を放つ高性能モデル、それがメルセデスAMG(以下AMG)です。メルセデスのパフォーマンスモデルラインとして登場して以来、国際モータースポーツ界では印象的な成功を収め、独自の車両コンセプトも注目されるAMGは、ハイパフォーマンスカー界を先導していると言っても過言ではない存在です。そして、同車のブランドコンセプトである「ドライビングパフォーマンス」の言葉通り、最高の技術と心をつき動かすような魅力的な走りが、カーマニアの心を熱くさせます。

A45からG65まで!メルセデスAMG パフォーマンスツアーを今年も開催

そんなAMGの魅力を存分に感じられるイベント「AMGパフォーマンスツアー」が今年も開催されました。このツアーは世界各国で定期的に行われていますが、今回はドイツ ドュッセルドルフで9月初めに開かれたイベントの写真と合わせてAMGをご紹介します。ドイツの西に位置し、日本企業も数多く点在する都市・ドュッセルドルフには、メルセデス・ベンツディーラーが3店舗あり、毎回ドイツでのAMGパフォーマンスツアーが行われる場所でもあります。

A45からG65まで!メルセデスAMG パフォーマンスツアーを今年も開催

ここではA45からG65までのハイパフォーマンスモデルが一堂に集まり、心ゆくまでAMGを堪能できるのです。一つの場所に集うAMGを眺めることはもちろん、会場からすべてのモデルが列をなして走り去る姿もなんとも豪華です。

A45からG65まで!メルセデスAMG パフォーマンスツアーを今年も開催

AMGの最大の特色といえば、常に進化し続けるパフォーマンス。新しいモデルを考案する際は初期コンセプトを決める段階からAMGの技術者たちも参加することによって車の性能に合わせた高度な技術を組み合わせることができるのです。「デザインはパフォーマンスに準ずる」という基本理念のもと、エンジンなどの駆動系はもちろん、エアロダイナミクスの強化やボディ、さらに細かな部品までも動力性能を向上させる技術が秘められており、ほぼすべての部品が改良と開発を繰り返すことによって最高級パフォーマンスを誇るAMGが作り上げられていくのです。

A45からG65まで!メルセデスAMG パフォーマンスツアーを今年も開催

パフォーマンスにかける情熱はバイエルン地方の自動車エンジニアであった、ハンス・ヴェルナー・アウフレヒト氏、エルハルド・メルヒャー氏のそれぞれの名字の頭文字とアウフレヒト氏の生まれ故郷グロースアスパッハの頭文字を取って名付けられたAMG社を1967年に設立したところから始まりました。元々、ダイムラー・ベンツ時代からレース用エンジン開発に関わっていた2人でしたが、「自分の開発したエンジンで走るレーシングカーをモデルにして公道を走る車を売り出すこと」が夢だった彼らは、ベンツを退職。その後「メルセデスにはない、全く新しいクルマ」という理念のもとに、全社員たった2人の会社がヨーロッパのツーリングカーレース用のエンジンを作り出すことになったのです。

A45からG65まで!メルセデスAMG パフォーマンスツアーを今年も開催

そのAMGの名が知れ渡るようになったのは1971年のこと。AMGはメルセデス・ベンツ300SEL 6.3をベースにレースカーを製作し、スパ・フランコルシャン24時間レースに出場させると見事クラス優勝、総合でも2位を獲得しました。重厚感のあるセダンが軽量レースカーに勝つ。この成功により、一躍有名となったAMGは後に正式なチームとしての活動を経て、今ではメルセデス・ベンツの一員としてAMGをはじめ高性能モデルの開発に携わっています。

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:NAO

在独6年目のライター。Current Europe GmbH (ドイツ現地法人)所属。ドレスデン工科大学修士課程を修了し...