生産台数わずか305台。貴重なV型12気筒エンジン搭載モデル、アルピナB12 5.0と遭遇!

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

去る2019年3月5日から17日まで、世界5大モーターショーである第89回ジュネーブショーが開催されました。多くの新型車やコンセプトモデルが発表される中、個人的に思わず唸ってしまったのが「メルセデス・ベンツが、V型12気筒エンジンの生産を2019年をもって終了する」というニュースでした。

重い、長い、燃費が悪いなどの欠点を抱えつつ、卓越した最高出力や最大トルク、滑らかなフィーリングで多くのブランドの「最高級エンジン」として君臨していたV型12気筒エンジン。しかし、ターボ技術の向上や、環境への配慮からダウンサイジング化が進んでいる今、V型12気筒エンジンの生産から撤退するメーカーが増えるのは避けられないと言えるでしょう。

今回ご紹介するのは、V型12気筒エンジンを搭載した数少ないアルピナ、「B12 5.0」です。筆者の住むドイツの首都ベルリンでは、アルピナはかなり希少な存在で、東京の方がまだ日常的に見かける機会が多いように感じます。今回は、アルピナB12 5.0の魅力に改めて迫っていきたいと思います!

ベースとなったのは2代目7シリーズ

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:守屋 健

鹿児島県出身。幼い頃、歯医者の待合室で偶然手に取った自動車図鑑、それに載っていた緑のポルシェ911タ...