古さを感じさせない鮮烈なスタイリング!ドイツでも少なくなってきたアルファ・ロメオGTVを見かけて

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

その日のベルリンは、朝からかなりの濃霧でした。気温もあまり上がらず、筆者は首をすくめて早足で歩いていたところ、そのクルマが静かに路上でたたずんでいました。鮮やかな赤に、一度見たら忘れられない衝撃的なスタイリング。今回ご紹介するのは、日本ではもちろん、ドイツでも見かけることが少なくなってきた、アルファ・ロメオGTVです。

ドイツの人々もアルファ・ロメオがお好き?

ドイツに住むクルマ好きにとって、アルファ・ロメオはどんな存在なのでしょうか?クラシックカーのイベントに足を運べば必ず古いアルファ・ロメオを見かけますし、1990年代の旧DTMマシンを彷彿とさせるフルチューンの155を見かけることがあったりと、ドイツの人々にとっても思い入れのあるブランドであることは間違いありません。とはいえ、普段の街中でアルファ・ロメオGTVを見かけることはあまりなく、その数は日本と同様、年々減ってきています。

細部を観察すると、フロントのグリルにはクロームの加飾、黒と赤に色分けされたサイドスカートという点から、1997〜1998年のフェーズ1からフェーズ2の過渡期に生産された個体だと推測されます。アルファ・ロメオGTVのデビューが1995年で、最終型のフェーズ3が生産を終えたのは2004年ですから、生産終了からすでに10年以上経過し、写真の個体も約20年前に作られたクルマということになりますね。

デビューから既に20年以上が経過!

それにしても、本当に特徴的なスタイリングです。小さな丸目4灯のヘッドランプに低いフロントノーズ。そこから斜めにサイドを貫くラインはリアトランク上部に抜けています。バッサリと切り落とされたリアに、横一文字のバックライト類。リアスポイラーを装備したモデルもありますが、写真のように何も付いていないモデルの方が、デザインの良さをそのまま生かしているように感じます。エクステリアデザインを手がけたのは、当時ピニンファリーナに在籍していたエンリコ・フミア。アルファ・ロメオGTVとは兄弟車であるスパイダーや、164も彼の手によるものです。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:守屋 健

鹿児島県出身。幼い頃、歯医者の待合室で偶然手に取った自動車図鑑、それに載っていた緑のポルシェ911タ...