時代を先取りし過ぎた?斬新かつソリッドなスタイリングのホンダ・アコードエアロデッキをベルリンで発見!

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

かつて1970年代後半から1990年代後半に全盛期を誇った装備、リトラクタブル・ヘッドライト。トヨタ・2000GTやランボルギーニ・ミウラといったスーパーカーから、トヨタ・スプリンタートレノ、マツダ・ロードスターの初代モデルといった身近なスポーツモデルまで、多くのクルマに採用されていましたが、現在では全く採用されなくなった装備のひとつですね。

今回の主役は、その時代を代表する車種ではあるものの、日本での売れ行きは芳しくなく短命で終わってしまった、ホンダ・アコードエアロデッキです。

ヨーロッパでの売れ行きは比較的好調

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:守屋 健

鹿児島県出身。幼い頃、歯医者の待合室で偶然手に取った自動車図鑑、それに載っていた緑のポルシェ911タ...