2011年式 マセラティ クアトロポルテ スポーツGTS 最終型 D車 の中古車

最終更新日: 公開日:2016-03-08 | Posted in 輸入車、外車の個人売買サービス

11年式 マセラティ クアトロポルテ スポーツGTS(D車)

高級車と呼ばれるクルマには、そのオーナーの生き方や嗜好が反映されるもの。しかし「乗りこなせるか」は別問題です。ここでいう「乗りこなす」とは、性能面でのことではありません。身につけるファッション、佇まい、その方の生き様にいたるまで。日本人でこのクルマを「伊達に乗りこなす(着こなすと表現してもよいかもしれません)」ことができる方はなかなかいらっしゃらないのではないでしょうか?

しかし、誰もがはじめから似合うわけではありません。手に入れてから、そのクルマに似合うべく、自分を洗練させ、さらに高みを目指す…野暮な高級車ではそんな闘争心にも似た感情はわき上がらないかもしれません。

今回、ご紹介させていただくのは【2011年式 マセラティ クアトロポルテ スポーツGTS(D車)】の中古車となります。先代クアトロポルテの最終型となるスポーツGTSです。巡り会ったオーナーを、さらなる高みへと導いてくれる、そんな1台といえるマセラティ クアトロポルテ スポーツGTSをご紹介いたします。

心地よい官能的な音を堪能できることも大きな魅力

2011年式 マセラティ クアトロポルテ スポーツGTS(D車)

とある大学でスポーツGTSの音色を調べたところ、バイオリンの名機であるストラディバリウスの出す音と同等という研究結果が出たほどです。その音色は、現行モデルでは奏でることができないものです。そのスタイリングもさることながら、単に大きな音がするのではなく、心地よい官能的な音を堪能できることも大きな魅力といえるでしょう。さらに、こちらのスポーツGTSは、トルコンオートマチックでありながら、シフトダウン時にエンジンが吹け上がり回転を合わせる機能(ブリッパー)が装備されています。

■マセラティ クアトロポルテ スポーツGTSの動画

出典:AutoWeek

こちらのおクルマの外装色はビアンコエルドラド(白)。内装色はネロ(黒)×ネロ(黒)アルカンタラ×レッドステッチという、人気がありお洒落な組み合わせとなります。

内外装の状態は非常に良好といえます

IMG_4564

外装に関しては、ボディに多少ですが飛び石によるキズがあります。しかし、目立ったキズ、ヘコミ、エクボはありません。アルミホイールは4輪ともにキズ(ガリキズ)があります。2015年春にタイヤ交換を行った際にアライメントを調整を行っています。それ以降は擦るようなことはなかったとのことで、アライメントの調整の必要はありません。内装に関しては、特に汚れ、傷み、擦れ等はありません。

機関の状態は最終型で故障が少ないモデル

IMG_4609

機関に関しては、最終型は前期型と異なり故障が少ないです。こちらの中古販売の車両も故障はありません。最新の整備は、2015年3月に以前コーンズにてマセラティの正規ディーラーでメカニックをしているプライベートメカニックに、知人の工場を借りて1年点検(法令12か月点検)の整備を実施しました。なお、それ以前の整備については、ほぼディーラーにて行っております。

2015年3月整備実施内容
・法令12か月点検
・テスターによる診断
・ブレーキオイル交換
・エンジンオイルおよびフィルターの交換
・A/Cフィルター交換
・エアフィルター交換
・4輪ブレーキパッドおよびローターの交換
・タイヤ交換(ピレリP-ZERO指定タイヤ/2015年4月)
・ホイールアライメント測定

マセラティ クアトロポルテ スポーツGTSの中古車詳細

車名:2011年式 マセラティ クアトロポルテ スポーツGTS ディーラー車
車検:平成28年3月
実走行:56,000km
外装色:ビアンコエルドラド(白)
内装色:ネロ(黒)×ネロ(黒)アルカンタラ×レッドステッチ
パワステ/パワーウィンド/エアコン/エアバック/取扱説明書他。
売値:SOLD OUT
※個人売買のため消費税がかからない上、カレントライフ個人売買サービスを通してクルマをご購入された場合、名義変更完了後の車検証のコピーをカレントライフにお送りいただくことで、購入お祝い金1万円をプレゼント!
※中古販売の現車は東京都にあります

マセラティ クアトロポルテ スポーツGTSの写真一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

出品車両の見学申込み・詳細お問合せ

見学の申込みや購入希望の方は、カレントライフの会員登録が必要です。
以下の各項目にご入力いただき、会員規約をご確認の上で送信してください。

お名前 必須
フリガナ 必須
メールアドレス 必須
電話番号 必須
住所 必須
お問合せ内容 必須

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:CL編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがな...

他の個人販売車両