90年代の日本車がとにかく誇らしい!東京オートサロン2018イベントレポート

公開日:Posted in イベント by

筆者がはじめてTOKYO AUTO SALON(以下、東京オートサロン)会場に足を踏み入れたのは、確か1990年頃でした。当時の会場は晴海にあった東京国際見本市会場だったのです。場所は、2020年に開催される東京オリンピックの工事が急ピッチで進んでいるあたりです。その後、1997年には東京ビックサイトへ。そして1999年には、幕張メッセへと規模を拡大していきます。

そしていまや、会期こそ短いとはいえ、圧倒的に東京モーターショーを上まわる勢いになりました。そして、時代の移り変わりとともに、出展されるクルマのジャンルも少しずつ変わってきたように思います。

東京オートサロン2018 TOKYO AUTO SALON 2018 ロードスター レストア GT-R

筆者が通い詰めていた1990年前半は、日本車をベースにしたチューニングカーが主流。それが1990年代後半に入ると、少しずつVIPカーの割合が増えていきます。そこから先は…さまざまなジャンルのクルマが入り交じるようになり、会場内はちょっとしたカオス状態になっていきました。

自分が熱中している世界とは異なるカテゴリーのカスタムカーが間近で観られる。それこそが、東京オートサロンの魅力かもしれません。

そして2018年の東京オートサロンは…?

いまや、東京オートサロンの一大勢力となりつつあるランボルギーニ

東京オートサロン2018 TOKYO AUTO SALON 2018 ロードスター レストア GT-R

バブル期の東京オートサロンであればともかく、このイベントの主役は日本車というイメージが強かったように思います。最近は、スーパーカーを独自にカスタマイズするショップやチューナーが増えてきたことも事実。

東京オートサロン2018 TOKYO AUTO SALON 2018 ロードスター レストア GT-R

東京オートサロン2018 TOKYO AUTO SALON 2018 ロードスター レストア GT-R

もはや、スーパーカーといえばフェラーリという時代ではないのでしょうか?アヴェンタドールやウラカンなど、現行モデルのランボルギーニをカスタムしたクルマが多かったことも印象的です。

東京オートサロン2018 TOKYO AUTO SALON 2018 ロードスター レストア GT-R

東京オートサロン2018 TOKYO AUTO SALON 2018 ロードスター レストア GT-R

東京オートサロン2018 TOKYO AUTO SALON 2018 ロードスター レストア GT-R

東京オートサロン2018 TOKYO AUTO SALON 2018 ロードスター レストア GT-R

既成概念に囚われない柔軟かつ新しい発想と、日本人ならではのきめ細やかな仕事ぶりが融合したカスタムカー。もしかしたら、私たちは日本発、世界に誇れる文化が誕生しつつある瞬間を見つめている歴史の証人かもしれません。

第2世代スカイラインGT-Rや1990年代の日本車もまだまだ現役!

東京オートサロン2018 TOKYO AUTO SALON 2018 ロードスター レストア GT-R

いまだに根強い人気を誇るのが、1990年代の日本車。なかでも「第2世代日産スカイラインGT-R(いわゆるR32〜34型)」や、マツダRX-7(FD3S型)がいまだに現役のクルマとして出展されていることは、当時を知る世代とって喜ばしくもあり、何だか誇らしい気持ちになりました。

東京オートサロン2018 TOKYO AUTO SALON 2018 ロードスター レストア GT-R

東京オートサロン2018 TOKYO AUTO SALON 2018 ロードスター レストア GT-R

東京オートサロン2018 TOKYO AUTO SALON 2018 ロードスター レストア GT-R

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:江上 透

CL副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の企画/制作/運営...