あの幻のスーパーカーの実車展示も!?「第9回美濃クラシックカーフェスタ」イベントレポート

公開日:Posted in イベント by

今や毎週のようにどこかでクルマのイベントが開催されているとはいっても、1年を通してクルマのイベントに適した季節というのは思ったより短いもので、魅力的なイベントが同時期に開催されてどのイベントに行こうか、あるいは参加しようか迷う事も多くなる時季ではないでしょうか?

第9回美濃クラシックカーフェスタに行ってきた

本来は他のメディアの取材依頼なのですが、3月11日岐阜県美濃市で開催された第9回美濃クラシックカーフェスタに行ってきましたので、CLでは舞台裏的な視点でレポートをお届けしようと思います。

美濃市市役所の駐車場で開会式を行ったのち、市内パレードに出発、クルマを展示ということで、まずは東海北陸自動車道経由で美濃市の市役所に向かったのですが何分はじめて行くイベントなのでスマホナビを頼りに…と思っていた所、美濃ICに近づいたところでレーシングカーの様な音をさせながら一台の真っ平なクルマがミラーに迫ってきました。

もしやと思って追い抜かれ際にそのクルマを見ると、マジョーラカラーに塗られたカウンタック25THアニバーサリー。そしてサイドやフロントノーズには今回お世話になるメディアのロゴステッカー。とりあえず、出来るかどうかはわからないけどこのカウンタックについていけば会場にたどり着けるだろうとカウンタックを追走。幸い(?)そのカウンタックのドライバーも安全運転で市役所に向かってくれたので、迷うことなく無事会場にたどり着くことが出来ました。

▲ある意味、こんなにわかりやすいナビもそうそう無い!?

今回の美濃市のイベントも江戸時代から残る「うだつの上がる町並み」という歴史的建造物群の中で開催されるイベントです。このイベントの最大の特徴は、日本海CCRと同様、地元警察のサポートで一旦交通規制を敷き、市内パレードをしてからそのまま町の一画を交通封鎖して路上にクルマを展示するというかなりおおがかりな展示方法しているということでしょう。

市長の挨拶と黙とうからイベントがスタート

開会式では武藤鉄弘美濃市長の挨拶もありました。最近は自治体主導のイベントで、市長や時に県知事までスピーチがあったりと、地域活性化にもクラシックカーイベントというのは無視できない存在なのでしょう。

また、この日は未曾有の大災害となった東日本大震災からちょうど7年の3月11日。犠牲者の冥福と二度とこのような悲劇が起こらないことを願っての黙とうからイベントが始まりました。

パレードの先導者は、このイベントのプロデュースをしているフリーマガジンメディアのデモカーで希少な愛5ナンバーの残るH30型セドリックとスペシャルサポートカーのランチア037ラリーという顔ぶれ。これから古式蒼然とした街並みを珠玉の名車が駆け抜けることになります。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:鈴木 修一郎

愛知県名古屋市在住。幼少期より自動車が好きで、物心着く前から関心の対象はニューモデルよりもクラシ...