クルマ趣味のまさに極み!牡蠣ツーリングに行ってみた!

公開日:Posted in イベント by

クラシックカーに限らず、クルマを趣味にしている人の楽しみに一つに「ツーリング」というのがあると思います。筆者のクルマの整備をお願いしている東海自動車の社長から「12月に入ったことだし旬の牡蠣を食いにツーリングにいかない?」という誘いを受け、12月10日に牡蠣ツーリングに参加しました。

元々東海自動車主催のツーリングは社長のプライベートカーのTE27型カローラレビン(いわゆるニイナナです)の長年にわたるレストアが完了し、せっかくだから他のクラシックカーオーナーのお客さんと何かイベントをしようという話から始まった企画で年に数回開催されています。所が生憎、社長のニイナナが完成したのと入れ替えで筆者のセリカLBがレストアに入ってしまったのと、昨年末筆者のセリカLBが完成した後も筆者のスケジュールが合わずで、なかなか参加できないでいたのですが、今回ようやく参加する事ができました。   

筆者自身もしばらく体を悪くしてロングドライブができなくなっていた時期もあり、パーティを組んでツーリングというのも随分久しぶりになります。余談ですが、東海自動車の社長は過去にヒストリックカーオンリーのジムカーナも主催していたことがあるそうです。

▲東海自動車西社長のニイナナレビン。一度だけ代車が無くて代車として2日ほど借りたことがあります

筆者は長年、昭和48年型セリカLBという本来なら趣味の対象として所有するクルマを、「たとえクラシックカーといえども自分には移動手段の道具でありそれ以上でもそれ以下でもない」と仕事からプライベート、季節、天気問わず使っていたのですが、ふと気づけば年齢と体脂肪に比例するかのように出不精が酷くなると、最低限の用事にしかセリカLBを使わなくなり、クルマの運転という行為を純粋に楽しむだけクルマでどこかに出かけるという「ツーリング」という行為を億劫がるという「GT(グランドツーリング)」というエンブレム掲げたクルマに乗るクルマ好きとして有るまじき堕落したカーライフを送っていました。

昔は思い付きで名古屋・東京を往復したり、色々なイベントやミーティングに参加したり、時にはサーキット走行もしたりしていたのですが、この数年はクルマ好きらしいことと言えば近所のセルフSSで洗車して磨いて眺めて満足し、カーモデルを組んで、お菓子をつまみながらスロットカーを走らせるくらいという体たらく、しかしこれでは宝の持ち腐れ、このままでは本当に豚に真珠、疾らねぇ豚はただの豚になってしまうと、昔は女性すらも羨む痩身は見る影もなく肥え太った中年腹に鞭を入れ、集合場所の東名阪自動車道御在所サービスエリアにむかいました。

▲集合場所の御在所SA、ランボルギーニは偶然居合わせただけです

いつもなら惰眠を貪ってる休日の朝ですが、さすが日曜日の早朝とあってこれから筆者たち以外にも様々なクラシックカーやスーパーカーが時折パーキングに姿を見せる事もありました。

この後軽く挨拶をし、次の休憩地点の伊勢自動車道の多気パーキングエリアに向かいます。世間でいう旧車、クラシック、ビンテージと呼ばれるようなクルマに乗っているとただでさえなにかと見られる事を意識する事が多いのですがそれが10台近い台数で連なるといつもの比ではありません。走行中でも隣の車線のクルマが速度を合わせて同乗者がスマホカメラを向けているというのも珍しくありませんし、走行中は自分たち以外にも同じようなヒストリックカーのパーティに遭遇するということも。

昨今のクラシックカーブームで昔のクルマの市場価格が暴騰気味で閉口することもあったのですが、一方で積極的にツーリング等で実動する機会も増えているようで必ずしも悪い事ばかりでもないようです。

▲伊勢自動車道多気PAで休憩

東海自動車の若手メカニック君(現在初期型ニイナナレビンをレストア中)のカワサキZはウィンカーレンズを途中で落としてしまったようです。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:鈴木 修一郎

愛知県名古屋市在住。幼少期より自動車が好きで、物心着く前から関心の対象はニューモデルよりもクラシ...