第10回記念!日本最大級のクラシックモーターショー、ノスタルジック2デイズ 2018 イベントレポート

公開日:Posted in イベント by

去る2月17日、18日にパシフィコ横浜で開催された「Nostalgic 2days(以下、ノスタルジック2デイズ)」の取材に行ってまいりました。2015年から開始したこのイベントの取材も、今年で4回目となります。

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

今年のノスタルジック2デイズは、第10回記念というメモリアルイベント。それだけに、例年以上に勢いが感じられる内容となりました。

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲会場であるパシフィコ横浜には、CL執筆陣である中込氏の姿も!

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲同じくCL執筆である山本氏にはお会いできなかったのですが、愛車のオペル マンタは、マニアックな方からの熱い視線をあびていました

ノスタルジック2デイズ 2018:日本車編

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

ノスタルジック2デイズに出展するクルマの多くが日本車。懐かしいクルマもあれば、当時はもちろん、現在でも貴重な名車が一堂に会するのが、このイベントの大きな魅力なのです。その一方で「国産旧車」の現状、つまり各モデルの相場のようなものが確認できる場でもあります。最近、見なくなったなと思っていたクルマが驚くような価格で売られているケースも…。

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲今年の東京オートサロンでも注目を集めていたガレージアクティブが手掛けた2台のR32GT-Rが展示されていました

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲プリンスガレージかとりのブースに置かれていたのは、懐かしいカルソニックカラーのR32GT-R

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲こちらも懐かしのニスモ400R。貴重な個体だけに、1台でも多く国内に留めておきたいですね…

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲トータルセブンのブースでは、2台のサバンナRX-7と、マツダRX-7の姿が。1台のサバンナRX-7は、何と逆輸入車!

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲日産レパード専門店としてお馴染みのカーショップフレンドブース。今年はさらに規模が拡大された模様。F31型レパードも、いまや新車以上の価格に…

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲当時から高嶺の花だったトヨタ ソアラ(初代)。時代は変わり、旧車として再び手の届かない存在となりつつあります

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲ハイソカーブームのど真ん中に位置していた通称「71マークII」。こちらもソアラと同様、当時の新車価格並みの価値がついてきたということでしょうか

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲こちらのトヨタ スプリンター トレノ。いわゆる「ハチロク トレノ」は、ワンオーナー車で実走行1.5万キロ、エンジンオーバーホール等々で、価格はなんと648万円。一生モノを手に入れたい方にとってたまらない1台ですね<

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲これはかなりレアな個体。日産240SXコンバーチブルです。北米仕様なのでもちろん左ハンドル。この個体を手に入れたら、このままの状態で乗ってあげたいですね

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲日産Be-1も、いまやすっかり旧車の仲間入り。このクルマが発売されたとき、日本はバブル絶頂期。争奪戦が繰り広げられたことを覚えている方も多いはず

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲一昔前までは当たり前のように見掛けていた気がする日産プレーリー。販売台数が多くても、この種のクルマの生存率は低く、残っている個体は貴重です

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:江上 透

CL副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の企画/制作/運営...