筋金入りのヴィンテージカーが何十台と並ぶ光景が!2018年ノリタケの森クラシックカーフェスティバル

公開日:Posted in イベント by

この時期の愛知県のクラシックカーイベントといえば愛知県のクラシックカーオーナーには風物詩となったトヨタ博物館クラシックカーフェスティバルですが、その翌週には知る人ぞ知る「ノリタケの森 クラシックカーフェスティバル」も忘れてはいけません。

ノリタケの森クラシックカーフェスティバル2018

とはいっても筆者も詳細な告知を知ったのは5月に入るかどうかの時期でした、「情報源」は「カノカレかふぇ」(http://kanocarecafe.com)の壁に貼ってあった告知ポスターなのですが、なぜ情報がいまいち流れてこないのかと思えば、カノカレかふぇのマスターの後藤さん曰く「イベント主催者の小田さんは、インターネットやらない人だから」とのこと。

とはいえいくら空前のクラシックカーブームの昨今といえど、今の時代にインターネットに頼らずとも数十台のヴィンテージカー(中には戦前車まで)のエントリーが集まってくるあたり、よほど人望が厚い方であることが伺い知れます。

イベント恒例の駐車場チェック

さて、今回も例によってまずは駐車場を一回りしてみます。

レプリカか本物かという野暮な話は抜きでポルシェ550スパイダー

1970年代後半と思しきポルシェ911S、今年はなぜかポルシェの見学者が多かったような気がします。

ノリタケの森ですが名古屋駅から歩いて10分ほどのところにこんな公園があります。

これはポンプ室でしょうか、もしかしたらノリタケの旧工場が稼働していた時代からあったレンガ小屋をそのまま使っているのかもしれません。

会場付近まで来てようやくここが、名古屋のオフィス街の真ん中であることを思い出させてくれます。

いざ会場入り!最初に目に止まったのは…

まず目に留まったのが、1955年型ディムラーエンブレス。イベント主催の小田さんの愛車です。まだディムラー車が英国王室の御料車をになっていた時代のフーパー社が、一点物でコーチビルドしたボディを架装した、古き良き時代の英国高級車です。

さまざまな時代の要請や、ユーザーの要望に応じ、自動車が進化する事で「贅をつくした特別注文の一点物の高級車」の存在が許されなくなってしまったというのも皮肉なもので、こんな優雅なクルマが現れることは二度とないと思うと時代の流れとは時に残酷なものです。ゆえにクラシックカーには、金銭的な価値以上の魅力があるのでしょう。

そして、ちょっと奥にいくといきなり強烈なインパクトのあるクルマが…!

1886年型ドディオン・ブートン(フランス)

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:鈴木 修一郎

愛知県名古屋市在住。幼少期より自動車が好きで、物心着く前から関心の対象はニューモデルよりもクラシ...