クルマ好きの学生には夢のよう。中日本自動車短期大学 オープンキャンパスを訪ねて

公開日:Posted in イベント by

カレントライフ読者の皆様の中には「将来、自動車の仕事に就きたい」という希望を持つ10代の学生さんもいらっしゃるのではないでしょうか。今や自動車業界も若い技能者の確保に苦労しているというニュースを時折耳にします。そんな中、自動車産業を主要産業に据える東海地区で自動車関連企業に技能者を輩出しているのが、この中日本自動車短期大学です。

中日本自動車短期大学ってどんなとこ?

実は筆者の愛車セリカLB2000GTの整備、車検、レストアを手掛けた株式会社東海自動車(http://ptoukai.ec-net.jp/)の西真澄社長も中日本自動車短期大学出身で、筆者のセリカをはじめとする沢山の国産クラシックカーを整備している東海自動車の整備ノウハウもまた、源流をたどればこの学校がもたらしたものといっても良いのかもしれません。

日本自動車短期大学が6月25日オープンキャンパスを開催するとのことで、実は中日本自動車短大には別件で取材したい物もあり(これについては後程)、取材目的での参加も大丈夫なのか問い合わせたところ、OKが出たのでオープンキャンパスに参加してきました。

中日本自動車短期大学は愛知県から県境をまたいで岐阜県に入ったあたりの岐阜県加茂郡坂祝町に位置します。通学手段としては最寄り駅からスクールバスも出ているそうですが、そこはやっぱり自動車の整備を学ぶ学校、学生用の駐車場も完備。自慢の愛車で通学して自動車について学ぶ、クルマ好きの学生には夢のようなキャンパスかもしれません。

ちなみに、このキャンパス周辺は山に囲まれているため尾張パークウェイ等、ワインディングロードもあり、学校帰りに気持ちよくドライブができそうですね。(くれぐれも安全運転で)


▲まずは「OBがフルレストアした」セリカLBを前に正門で1枚

オープンキャンパスは定期的に開催されており、進学を考えている学生さんは勿論、自動車業界志望のお子さんを持つ親御さんや、筆者のように単純に中日本自動車短期大学はどういう学校なのか?という興味を持っているだけでも参加は可能です。


▲オープンキャンパス入口は教職員入口、ここはまだ普通の学校ですが……

いきなりあのクルマが出迎えてくれた……

オープンキャンパス参加者用の駐車場は教職員用駐車場とのことで、教職員用の入り口に回ります。講演会等何かの機会で大学などに行くとそのたびに何ともいえない郷愁にかられます。もっとも筆者の場合、昔のクルマとアニメと深夜ラジオが好きなネクラなオタク少年だったので、甘酸っぱい思い出とは無縁だったのですが(苦笑)それでもなんともいえない懐かしさがあることには変わりありません。ところが、校門をくぐりキャンパス内に入ると……


▲これらは「実習用の教材車」(!)です

なんといきなり、フェラーリ2台とBRZがお出迎え!ちなみにこの車両はこの日のためにどこかのショップから借りてきた訳ではありません。この学校の整備実習の教材車です。

それだけはありません。なんと中日本自動車短期大学は先日インディ500で優勝した佐藤琢磨氏を客員教授に迎えている等モータースポーツ教育にも力を入れています。

オープンキャンパスの受付で受け取った冊子の中には今回のパンプレットや学校の概要のほか入学願書もありました。オープンキャンパスの挨拶はランチもかねて食堂で開かれました。若い人は勿論、親御さんと思しき方や、中には若い女性もいました。ちなみにこのオープンキャンパスはこの後の見学会、および食事も付いて全て参加は「無料」です。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:鈴木 修一郎

愛知県名古屋市在住。幼少期より自動車が好きで、物心着く前から関心の対象はニューモデルよりもクラシ...