クルマ好きの学生には夢のよう。中日本自動車短期大学 オープンキャンパスを訪ねて

公開日:Posted in イベント by

カレントライフ読者の皆様の中には「将来、自動車の仕事に就きたい」という希望を持つ10代の学生さんもいらっしゃるのではないでしょうか。今や自動車業界も若い技能者の確保に苦労しているというニュースを時折耳にします。そんな中、自動車産業を主要産業に据える東海地区で自動車関連企業に技能者を輩出しているのが、この中日本自動車短期大学です。

中日本自動車短期大学ってどんなとこ?

実は筆者の愛車セリカLB2000GTの整備、車検、レストアを手掛けた株式会社東海自動車(http://ptoukai.ec-net.jp/)の西真澄社長も中日本自動車短期大学出身で、筆者のセリカをはじめとする沢山の国産クラシックカーを整備している東海自動車の整備ノウハウもまた、源流をたどればこの学校がもたらしたものといっても良いのかもしれません。

日本自動車短期大学が6月25日オープンキャンパスを開催するとのことで、実は中日本自動車短大には別件で取材したい物もあり(これについては後程)、取材目的での参加も大丈夫なのか問い合わせたところ、OKが出たのでオープンキャンパスに参加してきました。

中日本自動車短期大学は愛知県から県境をまたいで岐阜県に入ったあたりの岐阜県加茂郡坂祝町に位置します。通学手段としては最寄り駅からスクールバスも出ているそうですが、そこはやっぱり自動車の整備を学ぶ学校、学生用の駐車場も完備。自慢の愛車で通学して自動車について学ぶ、クルマ好きの学生には夢のようなキャンパスかもしれません。

ちなみに、このキャンパス周辺は山に囲まれているため尾張パークウェイ等、ワインディングロードもあり、学校帰りに気持ちよくドライブができそうですね。(くれぐれも安全運転で)


▲まずは「OBがフルレストアした」セリカLBを前に正門で1枚

オープンキャンパスは定期的に開催されており、進学を考えている学生さんは勿論、自動車業界志望のお子さんを持つ親御さんや、筆者のように単純に中日本自動車短期大学はどういう学校なのか?という興味を持っているだけでも参加は可能です。


▲オープンキャンパス入口は教職員入口、ここはまだ普通の学校ですが……

いきなりあのクルマが出迎えてくれた……

オープンキャンパス参加者用の駐車場は教職員用駐車場とのことで、教職員用の入り口に回ります。講演会等何かの機会で大学などに行くとそのたびに何ともいえない郷愁にかられます。もっとも筆者の場合、昔のクルマとアニメと深夜ラジオが好きなネクラなオタク少年だったので、甘酸っぱい思い出とは無縁だったのですが(苦笑)それでもなんともいえない懐かしさがあることには変わりありません。ところが、校門をくぐりキャンパス内に入ると……


▲これらは「実習用の教材車」(!)です

なんといきなり、フェラーリ2台とBRZがお出迎え!ちなみにこの車両はこの日のためにどこかのショップから借りてきた訳ではありません。この学校の整備実習の教材車です。

それだけはありません。なんと中日本自動車短期大学は先日インディ500で優勝した佐藤琢磨氏を客員教授に迎えている等モータースポーツ教育にも力を入れています。

オープンキャンパスの受付で受け取った冊子の中には今回のパンプレットや学校の概要のほか入学願書もありました。オープンキャンパスの挨拶はランチもかねて食堂で開かれました。若い人は勿論、親御さんと思しき方や、中には若い女性もいました。ちなみにこのオープンキャンパスはこの後の見学会、および食事も付いて全て参加は「無料」です。


▲お楽しみの食事はビュッフェスタイル


▲なんと、こんなランチョンマットまで!この上に料理を乗せるのが勿体ない?


▲やっぱり若い学生のための食事とあってボリュームがあります

一通りの説明の後、お楽しみの食事ですが、流石若い人が集まる短大のランチとあってボリュームが違います。自宅を出る直前に朝食をとった事を後悔したくらいでビュッフェメニューに関しては流石に辞退しました。(苦笑)

自動車産業の課題に果敢に挑む学校

ランチが終わった後は教室のある棟に行き、全体説明を受けます。ちなみにこのオープンキャンパスは何度でも参加可能で、過去にも参加した事のある人はそのまま、オープンキャンパスのイベントが始まるまでキャンパス内を自由に散策とのことでした。

全体説明では山田弘幸学長から、

「自動車産業はまさしく日本の基幹産業であり、日本が世界的にリードしている技術でもあるが、今この業界でも一番の悩みは若い人材の確保が困難になっている事。現在、国交省、自動車業界、我々教育機関が協議し4年になるが、まだまだ解決にはなっていない。自動車産業は勿論、(自動車を直せる人がいないのでは)地球環境にも良くない、なんとか若い人にこの業界に入ってもらえるよう、待遇面の見直しも始めている。一方自動運転や電気自動車等様々な新しい技術が登場し、間違いなくこれは日本がリードすることになるため是非若い人に支えて欲しい。

一方でクルマはモータースポーツ等楽しむクルマ文化も重要であり、私共のモータースポーツエンジニアリング学科ではより高度な技術を享受することが目標で3年制を設けている、先程クローズアップ現代の映像を見ていただいたが、佐藤琢磨さんは客員教授として招聘して5年目になる。インディ500での優勝は快挙であり、我々教員や学生に勇気を与えてくれた。アメリカ、日本もそうだがモータースポーツの繫栄は文化としてやっていかなければならない、クルマという文化を支えていって、いい物を世界に供給していきたいなと思っている。若い皆さんに期待している事は沢山ある、是非とも来年4月、本学に入学していただいて色んな取り組みを我々教職員とやっていけたらなと思う、疑問に思った事は教員になんでも聞いていただいて来年4月の入学を待っている」

という旨の説明がありました。

通常の座学の講義を受ける教室棟はこの通り、ごく普通の学校の教室と廊下、筆者にとっては、最早はるか遠いノスタルジィすら覚える光景ですが……

ハイレベルな実習用設備たち


▲実技実習用の「教材」の中にはロータリーエンジンも!

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:鈴木 修一郎

愛知県名古屋市在住。幼少期より自動車が好きで、物心着く前から関心の対象はニューモデルよりもクラシ...