何も知らずに来てクルマが好きになるイベント。ナゴヤクラシックカーミーティング2017

公開日:Posted in イベント by

週末必ずどこかでクラシックカーイベントが開催されているこの季節ですが、今回は毎年名古屋グランパスエイトのホームグラウンドでもある豊田スタジアムで開催されたナゴヤクラシックカーミーティングのレポートをお届けしたいと思います。

ナゴヤクラシックカーミーティングはどんなイベント?

ナゴヤクラシックカーミーティングは、以前クラシックカー用のカーオーディオのソリューションとして紹介した「ミュージオ」のクラシックカーナゴヤ(http://www.n-classiccar-jp.com/)が主催しているイベントで、筆者がスバル360を購入した当時から開催されていた記憶があるので、すでに20年近い歴史があります。

参加可能な車両は1985年以前に生産された車両、また主催のクラシックカーナゴヤの樋口さんの「もっとフレンドリーで誰でも気軽に楽しめるクラシックカーイベント」というコンセプトで、エントリー車両の基準も緩く、新車から乗り続けてそのままクラシックカーになってしまったフルオリジナルのワンオーナー車からエンジンスワップのフルカスタマイズまでさまざまです。あからさまな違法改造車でない限りとりあえず年式さえクリアしてればOKのイベントなので、クラシックカーオーナー初心者の方でも参加しやすいイベントかもしれません。

展示される名車たちの一部を紹介

この日は生憎の天気でしたがさっそく、駐車場からもうクラシックカーイベントは始まっていました。

先日「VWの汎用性」についてお伝えしましたが、駐車場に着いた筆者の目に真っ先に飛び込んできたのがまさにそのBAJA1000仕様のVWでした。さすがVW(?)BAJA仕様でも日本の保安基準を満たす事が可能なばかりでなく、愛知県内ではごくまれに路上で見かける事もあります。

いい感じのヤレ具合のルノーキャトル。雨の降りしきる中このアンニュイな感じを醸し出すのは、やはりフランスの大衆車ゆえのなせる技といったところでしょうか。

現在もクライスラーのディヴィジョンとしてその名が残る「ジープ」を三菱が長年国内生産していたという歴史も忘却の彼方へと消えていくのでしょうか…今でいうSUVのはしりとでもいうべきジープのロングホイールベースのクローズドボディのJ36系モデルです。

ポルシェ914もこの雨の中頑張って来ていました。本来なら屋根付きガレージで保管しているようなクルマでも、イベントやミーティングは雨の中でも来るというのはクラシックカーオーナーにとっては一種の矜持のようなものかもしれません。

「クルマに興味のない人でも親しめるイベント」の意味とは

また前述のとおりこのイベントの特色のひとつが、「クルマに興味のない人でも親しめるイベント」であり、元々主催のクラシックカーナゴヤの樋口さん自身がクルマ以外にもアーティストやロックフェス等のイベントを主催している方とあって、ナゴヤクラシックカーミーティングもクルマの展示以外に大道芸人やビンゴ大会等、さまざまな催し物がありクルマ好き以外の人も飽きさせないイベントです。

▲例年ならジャグリングやバルーンアートで盛り上がってるハズなのですが、生憎の天気が…

▲一部ではディープな人気をもつ「農発」の運転会もまたこのイベントの名物です。

農発とは、主に灯油や軽油を燃料に動く焼き玉、マグネトー点火のシンプルな農業用の汎用エンジンで、脱穀機や揚水ポンプの動力源として使われ、戦後の農家の省力化に貢献したといいます。

現在ではクラシックカー趣味の派生として、純粋に趣味の対象としてレストア、運転する愛好者が増えていますが、まだ一部の農村では稀に現役で稼働してるケースもあるそうです。この日もまた独特の匂いを漂わせながら「パシュン、パシュン」という音をたて自慢の愛機をお披露目する愛好家が集まっていました。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:鈴木 修一郎

愛知県名古屋市在住。幼少期より自動車が好きで、物心着く前から関心の対象はニューモデルよりもクラシ...