第11回は11月11日に開催!エキサイティングポルシェミーティング2018

最終更新日: 公開日:2018-11-23 | Posted in イベント by

去る11月11日、今年で11回目となる「エキサイティングポルシェミーティング 2018(EXCITING PORSCHE MEETING/略称:EPM)」の取材に行ってまいりました。すっかり秋のポルシェのイベントとして定着したようで、キャンセル待ちが出るほどの人気です。

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲会場となった横浜赤レンガ倉庫

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲会場を埋め尽くした150台近いポルシェ。偶然訪れていた観光客の人たちも驚いていた様子

エキサイティングポルシェミーティングの取材は、CL CARSとしても今年で5回目。2014年は曇り、2015年は雨、2016年と2017年は晴れ。今年も見事な秋晴れとなりました!1奇しくも、1並び(11th 11月11日開催)となった今回のエキサイティングポルシェミーティング。ナローから991、ボクスター/ケイマン、914、924、944、968、そしてRUFに至るまで、 少なくとも150台近いエントリーがあった模様です。

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲今年で11回目。すっかり秋のポルシェのイベントとして定着したエキサイティングポルシェミーティング

横浜赤レンガ倉庫を埋め尽くした150台近いポルシェ。晴天に恵まれた日曜日ということもあり、多くの観光客が現地を訪れていました。赤レンガを埋め尽くしたポルシェを見て驚いた人、記念写真を撮る人、オーナーに話し掛けてクルマ談義に華を咲かせる人、オーナー同士が談笑する光景もあちこちで見られ、思い思いに秋の休日を楽しんでいる姿が印象的でした。

150台近いエントリーカーをすべてご紹介したいところですが、泣く泣く割愛して気になったポルシェをご紹介いたします。

エキサイティングポルシェミーティング2018:ポルシェ911(911/ナロー)編

いわゆる「ナローポルシェ」が参加すると、ポルシェのイベントもグッと華やかになります。オリジナル度の高い個体から、往年のレーシングカーをモチーフに造りあげたスペシャルマシンまで。さまざまな「ナローポルシェ」が集結。普段、これほどの台数が同じ場所に集まる光景が観られるのは、ポルシェオーナーともいえどもレアなこと。会場内でも常に多くのギャラリーの注目を集めていました。

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲メアリー・ステュアート型のフォルムをワンオフで再現したナロー。日本だけでなく、海外でも知られた存在。1/43スケールミニチュアカーで市販化を希望したいところです

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲RECAROシートとMATTER製ロールケージが組み込まれたRSR仕様のナロー。グラマラスなフォルムが魅力的な1台

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲カレラRS2.7も参加。ダルメシアンブルーという珍しいボディカラーをまとっています

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲ダックテールが実に魅力的な2台。向かい合う964と見比べると、このフォルムが脈々と受け継がれていることがわかります

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲フロントグリルに装着されたフォグランプと、ボディ同色のホイール、あえて”Carerra”デカールなしが魅力的な1台

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲鮮やかなグリーンが特徴的な’72S

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲オーナーさんによると、全塗装して目にも鮮やかなイエローのボディカラーが甦ったそうです’73S

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲こちらのナローのミッションは、スポルトマチックというレアな個体

エキサイティングポルシェミーティング2018:ポルシェ911(930)編

カレラ&ターボを問わず、さまざまな個体がエキサイティングポルシェミーティングに集結。オリジナルか、徹底的にモディファイされているかの方向性がはっきり分かれた感のある930。いまや、最終モデルの1989年式であっても生産終了から来年で30年。ほとんどの個体が30年以上前に造られたクルマであるにも関わらず、存在感はまったく色褪せていないことを実感しました。

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲サーキット走行もこなすこちらの930、ご存知のポルシェファンも多いのでは?

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲こちらの個体のドアはなんとガルウィングで開閉!外国人の方にも大人気の1台でした

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲オリジナル度が高い930ターボ。しかも’89/5速ターボのようです

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲こちらのターボも有名な1台ですね。ターボSのようなバンパーとイエローのフォグがオーナーさんのこだわりを感じます

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲現役当時から特別な存在だったフラットノーズ。991型では復活しませんでしたが、992型(仮)では発売されることを願います

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲こちらはさらにレアなフラットノーズカブリオレ。内外装の色の組み合わせや、ボディ同色のホイールが素敵です

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:江上 透

CL副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の企画/制作/運営...