コレクションはさまざまなことを教えてくれる。堺市所蔵のクラシックBMW

公開日:Posted in イベント by

不定期ながら時々公開される、ドイコレクションのクラシックBMWが公開されるというので、見に行ってきました。今ではドイツのBMW、日本では、国産車に勝るとも劣らないほどの存在感を見せていますね。場合に寄っては、国産車よりもポピュラーというモデル、それくらいたくさん走っている地域もあることでしょう。しかしながら、各メーカーがオールドタイマーへ注力する動きなどを見せる中、メーカーとして、この日本においてそうしたモデルを含めての取り組みというのは、残念ながらまだまだ見えてこないと言わざるを得ません。

IMG_20150425_132400

しかし、このドイコレクション、現在は堺市が管理していますが、「カメラのドイ」の創業者土居君雄氏がコレクションした大変貴重にして、しっかりとベクトル、文脈を感じ取ることができるコレクションなのです。土居氏が亡くなられたあと、奥様がかつて暮らした堺市にということで寄付されたとのこと。これまでにも何度となく公開はされてきましたが、事前申し込み〜抽選という流れでした。この時は二日間、当日受付で誰でも見学可能。もちろん無料という大盤振る舞い。今これだけポピュラーになったBMW、日本人として目を向けるべきコレクションがここにあるといってもいいでしょう。泉北ニュータウンの高台にある堺市の竹城台倉庫にお邪魔してきました。

プレミアムというけれど…これがルーツか?

IMG_20150425_131426

プレミアムとはずいぶん安易に言われるようになったけれど、BMWなどもそれに該当するのではないでしょうか。しかしそれの定義、実態とは何か?と言われるとなかなか説明が難しいというもの。実はここに来ると、今のシリーズ構成になる前のモデルからのコレクションがかなり多く、他の博物館でもなかなかお目にかかれないような車も多数存在します。

IMG_20150425_131804

▲「5」ではない(笑)

そのプレミアムの根拠の一部でもあるでしょうし、珍しいコレクションの核となるのが、ドイツの高級車メーカーにして後にBMWに買収される「ハンス・グラース」のクルマたちでしょう。クリーンなフォルムは一見あっさりした印象も受けるものの、ピエトロ・フルアのデザインをまとったその出で立ちはイタリア車のようでもあります。「5」をひっくり返したようなグラースのマークはどこか愛嬌すら感じさせますね。ドイコレクションでメーカーとしての「BMW周辺」以上に、このピエトロ・フルアが重要なキーワードになっているといってもよいでしょう。

「コレクションに必要なこと」までも教えてくれるコレクション

IMG_20150425_132447

IMG_20150425_134141

われわれにはなかなかクラシックカーをコレクションするということは叶わない夢でしょう。ここのコレクションを見ていると、その結果だけを見て歩く博物館とはひと味違った印象も感じることができるのではないでしょうか。ここに治められているもののコンディション自体は「ミント」(平たくいうと最高の状態)というものばかりではありません。修復途中のものも少なくないのです。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...