日本に「キャンピングカー文化」は根付くのか?名古屋キャンピングカーフェア 2017

公開日:Posted in イベント by

10月8日別件の仕事で名古屋キャンピングカーフェアに行ってきました。筆者自身はクラシックカーやスポーツカーが好きなので、オートキャンプといったカテゴリーは門外漢なのもあり、まず会場に着いた時の率直な感想をいってしまうと、「アウェイ感が半端ない」でした。同時にこの文化はかなり日本では難しいだろうなぁというのが筆者の印象でした。これに関しては後程申し上げようかと思います。

キャンピングカーというと何を思い浮かべますか?

キャンピングカーといってもCL読者の皆様が思い浮かべる車種は多様だと思います。ハイエースやステップワゴン等、一般的な1ボックス車やミニバンなどのワゴンモデルをベースに充電設備とベッドやラウンジシートとテーブルを装備し、簡易なキッチンまで備えた車両、日本ではこれがかなり大半を占めてるいようです。その一方では2t車クラスのトラックをベースに、シャワールームやトイレなどのトイレタリー設備まで装備した本格的なモーターホームと呼ばれるような車両。筆者の場合キャンピングカーというと、アメリカ文化の影響が色濃く残る幼少期の記憶で自動車図鑑や夕方に放映されていたアメリカのカートゥーンアニメによく出てきた、ウッド柄のステーションワゴンにヒッチメンバーを取付て引っ張るトレーラーハウスでしょうか。

やはり日本で人気なのはこの種のハイエースをベースにしたキャンパーで、外見はハイエースそのままながら簡易キッチンやベッドも備え、本格的オートキャンプが楽しめる装備でありながら、日常使用にも支障がないというのが各キャンパーメーカーからの売りのようです。

ただ…冒頭で「アウェイ感がする」と書きましたが、どうも今回の取材はいつもと勝手が違うというのを会場に一歩入ったところからずっと感じていました。誤解を恐れずにいうと「クルマのイベントを見ている気がまったくしない」のです。筋金入りのキャンパー愛好家であればおそらくそんなことはつゆほどにも思わないのでしょうが、筆者からするとこの日のイベントに展示されいているのはみなどれも同じ。ハイエースはどれも普通の小奇麗なハイエース、モーターホームも普通の2tトラックに居住スペースを架装しただけ、クルマそのものを見ると一部の業者がハイエースで社外品のホイールを替えたりしているだけ、ローダウンサスを出していたのは2社だけでした。

普通、自動車というのはSUV、クロカン、セダン、ミニバン、スポーツカー、果てはお買い物専用の軽自動車でも何かしら「クルマとして見せる要素」というのが少なからずあると思いますが、キャンパー車両には一切そういうことが無く、クルマを見てるというよりは家具を見てるという感じでした。あいにく筆者はそのジャンルの知識を持ち合わせていないため、キャンパー車両のベッドや対面シートのテーブル、キッチンを見てもどう評価したらいいのかわからないというのが実直な感想でした。案外インテリア屋さんや内装屋さんを連れてきて意見を伺ったほうが良かったかもしれません。キャンパーにとってはクルマというのは単にA地点からB地点に移動するための「装備」であり、思った以上にストイックな世界なのかもしれません。

▲色もほとんど白またはオフホワイトでホイールも純正スチールのままというのも珍しくありません

海外と日本のオートキャンパー文化の違いとは何なのか

正直なところ、クルマを疾らせること、クルマを魅せることに悦びを見出すカテゴリーの人にはまったく理解の及ばない世界なのかもしれません。メルセデスベンツVクラスをベースにしたモーターホームにいたっては、1500万円近いプライスを下げている車両もありました。Sクラスが買えてしまう価格故に某編集の方とその話をしたところ

「正直、1000万円も出してVクラスのモーターホーム買うくらいなら、僕らなら自分の愛車で一泊3万円の旅館に300回泊まるほうがいいよねぇ(苦笑)」

それこそ、筆者自身も同じメルセデスなら鈍重なVクラスのモーターホームより、高原のウィンディングロードを縦目のメルセデスで駆け抜けながら旅館かペンションの窓から駐車場が見える部屋に泊まって、自分のクルマを眺めながら悦に入るというのを選ぶと思います。しかし、確実に海外にはオートキャンパーというクルマの文化があるということは必ず何かしらそうなるための土台なり要素なりがあるはずです。一体その違いはなんなのか…

オートキャンパーの業者の話を聞いたり、車中泊好きの友人の話を思い出したりしているうちにふと思ったのですが、そもそも日本にキャンパー仕様のクルマを乗り入れる事の出来る場所が少ないというのがあると思います。車中泊をよくする友人から聞くのが「環状族対策で高速道路のパーキングエリアが閉鎖される」「有料駐車場でも車中泊禁止にしている所がある」「郊外の公園の駐車場や野中の空きスペースにクルマを止めておくと警察から職務質問され移動を命じられる」「何もない草原に乗り入れたら地主がやってきて追い出された」等です。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:鈴木 修一郎

愛知県名古屋市在住。幼少期より自動車が好きで、物心着く前から関心の対象はニューモデルよりもクラシ...