「まだ元気」も信頼の証!メルセデスベンツ日本「ヤング・クラシックリフレッシュプログラム」がスタート

最終更新日: 公開日:2015-11-30 | Posted in イベント by

IMG_6832

最近では日本車に負けないくらいポピュラーな存在になった輸入車。絶対的にはまだまだ限られたシェアでしかないようですが、それでも昔ほどの特殊なことではなくなってきたというのが、輸入車に乗ることなのではないでしょうか。ことドイツ車に関しては、かなりポピュラーな存在だと言えるでしょう。もちろん、もともとの設計が日本の道路環境に適合する信頼性を備えていることに加え、日本に荷揚げされた直後の新車整備体勢が充実していることは、シェア拡大の戦略的な観点においても、ユーザーにとって安心して選択できるクルマであるためにも重要な必要条件と言えるのではないでしょうか。そんな中、メルセデスベンツ日本株式会社は、去る11月19日、国内での新車整備センター(VPC)での整備実績が100万台に到達。その100万台目のラインオフのイベントをするということで、愛知県豊橋市にある新車整備センターにお邪魔してきました。

IMG_6666

IMG_6646

IMG_6652

IMG_6647

IMG_6651
イベント時にはゲストを迎える170S。

豊橋市は日本の輸入車陸揚げ港としては最大の取り扱い台数を誇り、この輸入車の陸揚げを重要な産業として位置づけているといいます。そのため様々な規制緩和もインポーターに対して実施しています。昨年は18万台、今年も11月頭の段階で15万台を陸揚げする実績を誇る「輸入車の玄関口」としてその存在感を示しています。

IMG_6664

規制緩和の一環で豊橋で陸揚げしているメーカーに関しては、全国の陸運支局に申請の上、認可されれば、各社の施設の定められた場所で、全国の登録封印を実施することが可能。メルセデスベンツではいち早く、この11月19日より北海道から沖縄まで全国すべてのナンバーの封印が豊橋新車整備センターで可能になったのです。従って希望すれば陸揚げ直後に、豊橋で納車を受けファーストドライブを楽しむことが可能です。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...