世代の人にはたまらない映画やアニメのワンシーン再現ジオラマも?オートモデラーの集いin名古屋2018

公開日:Posted in イベント by

カーモデル愛好家の有志によって、全国で持ち回り開催されているカーモデラーの祭典「オートモデラーの集い」。今年もその締めとなる「オートモデラーの集いin名古屋」が、今年もトヨタ博物館で開催されました。今年は実車の方のゴタゴタでカーモデルにはまったく手を付けていなかった筆者も、開催直前になってあわてて一つ完成させ、会場となるトヨタ博物館新館の多目的ホールへむかいました。

例によって会場から一時間以上たってから会場入りした頃にはこの通り、すでに自分の作品を置ける卓はなく、しばらくして追加の卓が用意されてからようやく展示の準備にかかる事が出来たという盛況ぶり、移動するにも撮影するにも一苦労するくらいの混雑に一時は危機的状況だったのが嘘のように思えてきます。

輸入車編

輸入車のカーモデルで真っ先に目に飛び込んだのは1968年モデルのAMT1/24フォードマスタングGT390ファーストバック、エンブレムなしのグリルに「JZZ109」のナンバープレートにグリーンのマスタングファーストバックと言えばご存知「スティーブ・マックィーン」主演の「ブリット」の劇中車。

スタントマンを使わず演者のマックィーン自身によるスタントドライブによる一発撮りで、約10分間セリフもBGMも無しのカーチェイスシーンは今も語り草になっています。

前回も展示されていた「岐阜県の納屋で発見された埃まみれのフェラーリデイトナ」ですが、その後「埃まみれのまま、フェラーリの70周年記念のオークションに出品」された模様を、ジオラマで再現していました。

ちなみにこの個体、サザビーズの参考価格である1.8~2.1億円を上回る、2億3300万円で落札され、デイトナとしては史上最高価格を記録し、現オーナーはあえてレストアせずこの状態のまま保存する意向でいるという話です。

MG-Bはメーカー不明ですが、グンゼ産業(現、GSIクレオス)の1/24スケールの1953年トライアンフTR2(白)と1955年トライアンフTR3(黒)、繊維メーカーのグンゼ産業が化繊技術の応用でプラモデル産業に進出したというのは容易に想像がつくことかと思いますが、まだ日本ではクラシックカーが自動車趣味として一般化する前から、クラシックカーをモデル化していたという稀有なメーカーでもあります。現在ではMr.カラーでお馴染みの塗料や接着剤等のエクィップメント専業となっていますが、金型が現存しているのであれば再販が望んでいる愛好者も多い事かと思います。

1/24 1936年メルセデスベンツ500Kロードスター、現在入手可能なキットはフランスエレール製ですが、一時期はグンゼ産業が日本版していた時期もあったようです。

競技車両編

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:鈴木 修一郎

愛知県名古屋市在住。幼少期より自動車が好きで、物心着く前から関心の対象はニューモデルよりもクラシ...