有名モデラーから初心者まで。とんでもないクオリティを堪能できる「オートモデラーの集い in 名古屋」

公開日:Posted in イベント by

以前、「関西オートモデラーの集い」についてお送りしましたが、今回は筆者の地元で開催された「オートモデラーの集い in 名古屋」についてお伝えしようと思います。カーモデル専門の模型展示会としてはじまった当イベントは、年間を通して全国各地の会場を持ち回りのように開催され、毎年その締めを飾るのが、トヨタ博物館のホールで開催される「オートモデラーの集い in 名古屋」です。

大盛況の会場内!

今年は11月19日開催となったのですが、オートモデラーの集いというよりもカーモデラーの締めとなるイベントとでもいうべき存在で、名古屋開催のオートモデラーの集いはとくに盛り上がります。参加者もこれらのイベントのなかではもっとも多く、またハイレベルな作品やプロアマ問わずその道では有名なモデラーが集まるイベントで、某自動車模型専門誌の作例となったカーモデルがいくつも並んでいるという光景も珍しくありません。

開場から1時間もしないうちにこの盛況ぶりです。筆者は11時ごろに会場に着いたのですが、もうすでにこの状態でした。名古屋のイベントは盛り上がるだけでなく、年を追うごとに参加者も増え、展示スペースも増えているはずなのに毎年筆者のようなズボラ地元モデラーが行く頃にはもう展示スペースがないという有様です。(苦笑)

展示されたこだわりの名車たちをご紹介

■ICM製1/24スケール1911年型フォードT型
ICMとはハセガワが輸入代理店を務めるウクライナのプラモメーカーです。実はウクライナは精密加工を得意とする工業国でもあり、主にミリタリーモデルのプラモメーカーが存在するのですが、最近はスタッフカーや非装甲車両の派生から、民生用車両のクラシックカーにも展開したようです。

とはいえ、東西冷戦時アメリカと対立していた共産圏のプラモメーカーがアメリカ車史上最高傑作といってもいい、フォードTのキットをリリースするというのもなんとも不思議な話ですが。ちなみに筆者も作りましたが、パーツ割りに日本製キットのような親切さ(?)は無いですが、パーツの精度はなかなかのものでした。

■ハセガワ1/24スケールBMW2002ターボ
マルニtiiが出た瞬間、だれもがバリエーション展開で出るだろうと予想していたマルニターボです。つい数週間前に発売になったばかりのマルニターボがさっそく出展されていました。メーカー的にはグレードや姉妹車でバリエーション展開しやすいクルマは商品化しやすいそうです。

■同じBMW2002tiiでも…
よく、プラモデルで同じ車種、機種でも出すメーカーごとにディテール再現の考え方の違いが出るといいますが、解釈の違いというのはビルダーによっても出るようです。

■1/25AMTキャタピラー・ブルドーザー
読者の皆様、実は「キャタピラー」というのは登録商標だということをご存知でしょうか?実はアメリカイリノイ州に本拠地を置く世界最大の建機メーカーでもあり、日本でも三菱重工と合弁で「キャタピラー三菱」(現在は三菱資本が離れキャタピラージャパン)という日本法人を設立していました。

日本では建機というと子供が興味をもつ「はたらくくるま」という認識ですが、アメリカでは自動車や飛行機、船舶同様、熱心な「建機愛好家」というのが存在し建機・重機もホビーとして確立し、愛好家向け(業界向けではなく)の専門誌も存在しているようで、プラモデルのモデル化の対象にもなるくらいですからよほどの人気があることが伺えます。

■タミヤ1/12スケールフェアレディ240ZGストリートカスタム
ある一定の、世代の方には憧れのタミヤのビッグスケールモデルはキットだったのではないでしょうか?フル開閉のギミックはビッグスケールのカーモデルの醍醐味といってもいいかもしれません。ちなみに、タミヤの1/12スケールのフェアレディZはサファリラリー仕様と、240ZG(ノーマル)に近年に販売された240ZGのカスタマイズ仕様が存在しますが、数年おきに再版されているロングセラー商品です。

■アシェットコレクション1/8スケール ラ・フェラーリ
最近はTVCM等でおなじみ、分冊百科の組み立て式のビッグスケールダイキャストミニカーです。フル開閉にダイキャストの重量感が分冊百科のモデルカーの魅力かもしれません。また、塗装不要で付属の工具だけで組む事ができ、隔週で少しづつ部品が届くというペースもこれらのキットの組み立てやすさに寄与しているのでしょう。

「分冊百科」の組み立て式もあればなんとフルスクラッチも…

■ディアゴスティーニ1/8マクラーレンMP4-23
しばしばCLでも話題にもなる「分冊百科」の組み立て式ミニカーもこの展示会の対象になります。さすが1/8スケールとあって迫力が違います。筆者の好きな国産クラシックカーでもトヨタ2000GTやハコスカGT-R、最近ではコスモスポーツがリリースされて、ちょっと心が揺れたのですが、これでスバル360が出たら間違いなく手を出してしまうと思います。(苦笑)

こちらのマクラーレンMP4もどこかの分冊百科の組み立てキットかと思ったのですが…

なんと、フルスクラッチ(自作)とのこと…恐れ入ります。

■フェラーリ365GTB/4
キットメーカーは失念しましたが、数か月間に40年間行方不明になっていた世界で唯一のアルミボディ仕様のフェラーリデイトナが岐阜県の納屋の中で発見されたというニュースが遭った事は記憶に新しいかと思います。さっそく、岐阜の納屋で発見されたフレームNo.12653の個体を再現された方が居ました。生々しいウェザリングが見事です。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:鈴木 修一郎

愛知県名古屋市在住。幼少期より自動車が好きで、物心着く前から関心の対象はニューモデルよりもクラシ...