有名モデラーから初心者まで。とんでもないクオリティを堪能できる「オートモデラーの集い in 名古屋」

公開日:Posted in イベント by

以前、「関西オートモデラーの集い」についてお送りしましたが、今回は筆者の地元で開催された「オートモデラーの集い in 名古屋」についてお伝えしようと思います。カーモデル専門の模型展示会としてはじまった当イベントは、年間を通して全国各地の会場を持ち回りのように開催され、毎年その締めを飾るのが、トヨタ博物館のホールで開催される「オートモデラーの集い in 名古屋」です。

大盛況の会場内!

今年は11月19日開催となったのですが、オートモデラーの集いというよりもカーモデラーの締めとなるイベントとでもいうべき存在で、名古屋開催のオートモデラーの集いはとくに盛り上がります。参加者もこれらのイベントのなかではもっとも多く、またハイレベルな作品やプロアマ問わずその道では有名なモデラーが集まるイベントで、某自動車模型専門誌の作例となったカーモデルがいくつも並んでいるという光景も珍しくありません。

開場から1時間もしないうちにこの盛況ぶりです。筆者は11時ごろに会場に着いたのですが、もうすでにこの状態でした。名古屋のイベントは盛り上がるだけでなく、年を追うごとに参加者も増え、展示スペースも増えているはずなのに毎年筆者のようなズボラ地元モデラーが行く頃にはもう展示スペースがないという有様です。(苦笑)

展示されたこだわりの名車たちをご紹介

■ICM製1/24スケール1911年型フォードT型
ICMとはハセガワが輸入代理店を務めるウクライナのプラモメーカーです。実はウクライナは精密加工を得意とする工業国でもあり、主にミリタリーモデルのプラモメーカーが存在するのですが、最近はスタッフカーや非装甲車両の派生から、民生用車両のクラシックカーにも展開したようです。

とはいえ、東西冷戦時アメリカと対立していた共産圏のプラモメーカーがアメリカ車史上最高傑作といってもいい、フォードTのキットをリリースするというのもなんとも不思議な話ですが。ちなみに筆者も作りましたが、パーツ割りに日本製キットのような親切さ(?)は無いですが、パーツの精度はなかなかのものでした。

■ハセガワ1/24スケールBMW2002ターボ
マルニtiiが出た瞬間、だれもがバリエーション展開で出るだろうと予想していたマルニターボです。つい数週間前に発売になったばかりのマルニターボがさっそく出展されていました。メーカー的にはグレードや姉妹車でバリエーション展開しやすいクルマは商品化しやすいそうです。

■同じBMW2002tiiでも…
よく、プラモデルで同じ車種、機種でも出すメーカーごとにディテール再現の考え方の違いが出るといいますが、解釈の違いというのはビルダーによっても出るようです。

■1/25AMTキャタピラー・ブルドーザー
読者の皆様、実は「キャタピラー」というのは登録商標だということをご存知でしょうか?実はアメリカイリノイ州に本拠地を置く世界最大の建機メーカーでもあり、日本でも三菱重工と合弁で「キャタピラー三菱」(現在は三菱資本が離れキャタピラージャパン)という日本法人を設立していました。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:鈴木 修一郎

愛知県名古屋市在住。幼少期より自動車が好きで、物心着く前から関心の対象はニューモデルよりもクラシ...