物販ブースも充実、前年よりもグレードアップ!そして夢があった。「オートモビルカウンシル2018」

公開日:Posted in イベント by

すっかり夏の風物詩のようになってきた感もあるオートモビルカウンシル。今年も行ってまいりました。簡単に全体の所感や気になったクルマなどについて触れてみたいと思います。

オートモビルカウンシル2018

まず全体的に感じたのは、密度が高くなった印象です。前回までは、勢いのあるブース(出展企業)が他をけん引する構図があって、全体でのイベントという点では少しちぐはぐなところが目につきましたが、今回は全体に層が厚くなった印象が強かったように感じました。こういっては何ですが前回は一律「売る気のない金額」を掲げて、観る人の想像力に水を差すような販売車も散見されましたが、今回はそういったことも比較的少なかったように感じました。

メーカーブースも控えめになって、そして、各論的な話題でリアルな体験ができるメーカー単位のムックのような構成で、立ち読みをしているような感じ。イベント散策として楽しめました。

物販ブースも充実

またレトロモビルを意識してスタートしたのでしょうが、私は本家には行ったことがないものの、物販ブースの充実も、蚤の市感が増してよかったように感じます。それなりに値の張るものもあるのですが、ついつい散在してしまう。頬が緩み財布の紐が緩む。つい人間がダメになる感じが出てきた。正直前回まではそれほどでもなかったように記憶しています。ああいうことって大事なことだと思うのです。

そして夢があった。ワクイミュージアムが日本での販売権を獲得して紹介していたラ・サルト。レプリカでもなく、復刻でもない。しっかりとした新しいクルマを作るというクリエイティブな魅力はもちつつ、あくまでも由緒正しく、クルマ好きなら誰しもが思い描いたことがあるだろう「もしもあのメーカーがあのままこんなクルマを作っていたならば。」を具現化した一台。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...