思わず「エンスージアスト」が唸ってしまう…クルマへの深い愛を感じる本格派スイーツカフェとは?

公開日:Posted in エンタメ by

筆者の住む東海地区にはクルマをコンセプトにしたカフェが点在すると以前書きましたが、今回はその一つドゥ・クール・ショコラを紹介したいと思います。ドゥ・クール・ショコラがあるのは愛知県から県境をまたいだ三重県桑名市にあります。

詳細は後程書きますが、このお店のオーナーもまたミニクーパー1275SMK.1やフィアット500(現行ではなく空冷リアエンジンのチンクです)を所有し、普段はスマートを使用するという筋金入りのエンスージアストで、エンスージアスティックなガレージライフとカフェというのは相性が良いのでは、と思える事があります。


▲いかにも「カフェ」という店構えではなくやっぱり隠れ家的なお店というのはクルマをコンセプトにしたカフェの不文律なのでしょうか?

カノカレかふぇの時と同様、ドゥ・クール・ショコラもまた住宅街の路地の奥にあります。コート・ダジュールやシチリアあたりの建物を思わせるお店に着くとまずはミニバンがお出迎え。


▲よく見るとドアノブが両口スパナ(!)こんな所でクルマ好きの心に刺さる小技が効いてます

しかしここで驚くのはまだまだ早いです。クルマ好きがこのお店のスイーツメニューを見たら、まず言葉を失うか、人目をはばからず驚嘆の声を上げてしまうのは間違いないでしょう。

お店のクルマ好き度が伝わってくる驚くべきスイーツたち


▲「コルサ」は流石にターセル・コルサ・カローラⅡの「コルサ」では無いですよね(苦笑)

この通り、ここのケーキの名前にはクルマやモータサイクルにちなんだ名前が付けられています。


▲ドゥ・クール・ショコラにはなんとミニを模ったチョコレートが載っています。1台横転している所見るとミニミニ大作戦のカーアクションをモチーフにしてるのでしょうか?

そして圧巻なのはドゥ・クール・ショコラの名物とでも言っても良い「ショコラのガレージ」で、主にヨーロッパの小型車を模ったトミカサイズくらいのチョコレート、「1台」300円。このお店の店長のお菓子とクルマへの愛が伝わってきます

随所に散りばめられた「見る人が見ればわかる店内」

一見するとヨーロッパのカフェテリアをイメージした店内で、実は表のミニ以外、クルマの写真やミニカーがこれ見よがしに飾ってあるといういうわけでもなく、この日も普通に近所の方がきて賑わっていたのですが、クルマが好きな方であれば古いミシュランのポスターやオイル缶のディスプレイでガレージをイメージした店舗であることは一目瞭然では無いでしょうか。

クルマに興味のない人からすれば普通の南欧風のカフェにしか見えなくても、この見る人が見ればわかる(それもかなりマニアックなツボを突いてる)というさじ加減にこのお店の粋なセンスを感じます。


▲カウンター脇には古いロゴのカストロールの看板が


▲店内ディスプレイにはさりげなくSUキャブレターが


▲商品ポップのスタンドもモーターサイクル用のキャブレターと思しきパーツが使われてます

一体どんな方が店長なのか、レジの方にオーナーにお話しを伺えないか尋ねたところ「仕込み中で1時間ほど離れることが出来ない」とのこと。クルマがコンセプトとはいってもここはあくまでも本格的な手作りスイーツのカフェであることを再認識させられました。

この日は友人とお店に来たのですが、モーターサイクル好きの友人がこのヴェスパに惹かれてこちらのテラス席に。オーナーの遊び心がそこかしこに見え隠れします。

既に各地から猛暑のニュースが入るこの季節、いくら室内とはいえガラス張りではこのドアからではエアコンの冷気は入ってこないかなぁと思っていたのですが……

実はこの「BMC(ブリティッシュ・モーター・コーポレーション)」のロゴが入った戸棚のような箱の中にエアコンが仕込まれていました。日常の生活臭のする物をこうした小物で隠してしまうあたり、このお店の雰囲気づくりは本当に徹底しています。


▲よくよく見るとミニカーで有名なコーギートイズの看板があったり(きっと、近所の奥様からは「あら可愛いワンちゃんの看板」くらいにしか思われてない事でしょう)


▲チャンピオンプラグの看板の後ろにはさりげなくビブがいたり

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:鈴木 修一郎

愛知県名古屋市在住。幼少期より自動車が好きで、物心着く前から関心の対象はニューモデルよりもクラシ...