クルマの変態はお盆の帰省もとことん楽しむ。 家族サービスと趣味活動を両立する「エクストリーム帰省」を実践せよ!

公開日:Posted in エンタメ by

お盆の期間中は、どこも混雑や渋滞に見舞われて、普段以上に疲れてしまった人が多いはず。帰省というと家族サービスがつきものであり、献身的な奉仕を続けた結果、心身ともに疲れ切ってしまう場合も少なくないでしょう。しかし、趣味活動について妥協を許さない変態系クルマ好きにとっては、そんな帰省のタイミングでさえも、自分の楽しみの時間を捻出するチャンスと捉え、粛々と趣味活動を行っています。むしろ、そういう時間を積極的につくることにより、帰省という年中行事を楽しいものにしているのです。

読者の皆様のなかにも、出勤前にスポーツやビジネスセミナーなどの朝活を行ってから通常通り出勤する、「エクストリーム出勤」を実践している方がいらっしゃることでしょう。それと同様に、帰省時においても自分の趣味の時間を捻出する「エクストリーム帰省」を行うことができます。そこで今回は、筆者がこの夏実行した「エクストリーム帰省」についてご紹介します。

趣味のクルマは温存し、移動は電車で

クルマ好きであれば、自分のクルマで帰省するのが当たり前。クルマを持っているのにわざわざ公共交通機関を使うなんてナンセンスそのものでしょう。しかし、筆者の場合はいわゆる「足グルマ」がなく、手元には1986年式のシトロエン BX 4TCが1台あるのみ。しかもそのクルマにはエアコンが付いていないため、夏場の移動はもっぱら電車となります。

北沢 剛司 カレントライフ

とはいってもクルマがないと不便なので、今回は実家の最寄駅でレンタカーを借りることにしました。しかし、お盆の真っ最中に当日クルマを探すのはさすがに難易度が高く、乗用車はすべて予約が埋まっていました。そこで発想を転換して商用車を調べてみると、お盆の時期に商用車を借りる人は稀だったようで、ライトバンのトヨタ・プロボックスが空いていました。リアシートの乗り心地は決して良いとはいえないものの、長距離の移動でなければ問題ないと判断して即予約。こうして、渋滞とは無縁のまま実家にクルマで乗り付けることに成功。エアコンが良く効いて運転もしやすいトヨタ・プロボックスで、バッティングセンターやショッピングセンターなどをまわり、帰省日初日を快適に過ごしました。

夫婦でwin-winな時間を過ごすには

初日の夜に妻を自宅に返し、私の実家には筆者と息子の二人で泊まることにしました。これはいつも家事に追われている妻に自由な時間をつくることで、リフレッシュしてもらいたいというのが表向きの理由。裏の理由は、私自身の趣味活動の時間をしっかり確保するためです。実家に帰省してからは、息子が寝た後に自分の部屋でミニカーなどの整理をゆっくり行っていました。

ところでクルマ好きの方々の場合、自宅に送られて妻に見つかるとマズい商品は、実家に送ることも多いでしょう。あるいは1人1個などの個数制限のかかっている人気商品の場合、実家の住所と名義を使って複数購入をしている人も少なくないはず。日々、そのような地下活動を行なっている者にとって、正月やお盆の帰省はまさにビッグイベント。実家を受け取り先にしたまま現物を確認していない商品などを開封する格好の機会でもあるのです。筆者の場合、今回の帰省のおかげで数ヶ月前に注文した商品と初対面を果たし、新鮮な感動を味わいました。

家族が寝ている間に趣味活動を満喫

トヨタ・プロボックスのレンタカーを借りた時点で、計画していたことがひとつありました。それはミニカーが入った巨大な段ボールを自宅から実家に運搬することです。コレクターにとって、購入したアイテムの保管場所は悩みどころ。特にミニカーの場合、飾る場所がないと段ボールに入れたまま保管することになりがちです。特に最近は1/18スケールの大きなミニカーが増えてきたこともあり、油断していると部屋の中がすぐに段ボールで埋まってしまいます。そこで定期的に実家への貨物輸送を行い、生活空間を確保する必要があるのです。

今回の計画は、夜明け前に実家を出発して自宅に向かい、段ボールをクルマに積み込んだのちに、鉄道写真を撮影してから実家に帰還するというもの。筆者は趣味で鉄道写真を撮っているため、日の出の早い夏場は早朝の列車が明るく撮影できる格好の機会なのです。

そのため朝3時半に起床して実家を出発。渋滞のない国道を使って自宅に到着後、トヨタ・プロボックスのリアシートをたたんでラゲッジルームいっぱいに段ボールを積載。今度は朝6時過ぎにお目当ての撮影地を通過する寝台特急の写真を撮影するため、高速を使ってとんぼ返り。鉄道写真を1枚だけ撮ったあと実家に戻り、朝7時前に段ボールの搬入を無事完了しました。

北沢 剛司 カレントライフ

寝台特急「サンライズ瀬戸・出雲」の通過3分前に撮影地に到着。急いで撮ったため、構図もシャッターを切るタイミングも失敗してしまいました。でも、そういう失敗した思い出の方が後々印象に残るものです。

結局、自分の趣味活動の時間を捻出するには睡眠時間を削るしかないのですが、基本的に好きなことをやっているのでまったく苦になりません。むしろ濃い計画を実行したことで充実感さえ味わえるのです。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:北沢 剛司

’70年代のいわゆる「スーパーカーブーム」の洗礼を受け、以来、クルマの世界にどっぷり浸かって大人にな...