2000GTが主役、2000GTが戦う。愛知発地域ドラマ「真夜中のスーパーカー」

公開日:Posted in エンタメ by

近年、製造業関係をテーマにしたテレビドラマが制作される機会が増えつつあります。

最近も「マチ工場のオンナ」や「陸王」(架空のランニングシューズメーカーのドラマですが、二輪メーカーの陸王の作品かと思った人もいるそうです)が放映され、自動車会社も多分に漏れず、トヨタ自動車をモデルにした「LEADERS リーダーズ」「LEADERS Ⅱ」が制作されたのも記憶に新しいかと思いますが、今度は愛知発地域ドラマとして、NHK名古屋放送局制作でトヨタ2000GTをテーマにしたファンタジードラマ「真夜中のスーパーカー」が、平成30年3月28日にBSプレミアムにて放映されることが決定しました。

1月より撮影が開始したとのことで、このドラマの舞台となり所蔵車両が物語のキーとなるトヨタ博物館にて、プレス向け1月15日ロケ取材会が行われました。

真夜中のスーパーカーのあらすじとは?

主人公白雪(山本美月)は愛知県にある世界最大の自動車メーカー「ナゴヤ自動車」で修行中のカーデザイナー。しかし伝説の名車「ナゴヤ2000GT」を超えるスーパーカーを作る事を夢見ている白雪は、上司と衝突し自動運転車の開発部署へ異動を命じられ、運転の楽しみを奪われたクルマを作るくらいなら会社を辞めてしまおうと苦悩する。

そんな白雪が向かったのは、世界各国の名車を所蔵するナゴヤ自動車博物館。

閉館時間にも気づかず、一心不乱にナゴヤ2000GTをデッサンしていた白雪に「早く帰れ、夜は危険だ」と謎の言葉を残す警備員福谷(大森博史)、ナゴヤ2000GTを盗み出そうとする日系ブラジル人4世リカルド(上遠野太洸)、そしてナゴヤ2000GTの運転席に白いレーシングスーツのレーサー(唐沢寿明)が現れ…という、ナイトミュージアムテイストの自動車と自動車の開発秘話をめぐるファンタジードラマです。

▲左からリカルド役・上遠野太洸さん、白雪役・山本美月さん、白いレーシングスーツの男役・唐沢寿明さん

ファンタジードラマとはいえども、やはり自動車がテーマだけにクライマックスは全開で疾走するナゴヤ2000GT(トヨタ2000GT)のレースシーン。公式Webサイトの、あの甲高い排気音が轟くプロモーション動画を見ているだけで放映が待ち遠しい限りです。

いざロケ取材会があるトヨタ博物館へ

光栄な事に、我らがCL編集部にもNHK名古屋放送局からロケ取材会のお誘いがあり、名古屋在住で同じくトヨタツインカムのセリカLB(ナゴヤセリカLB?)オーナーの筆者が、NHK制作ドラマの取材参加という重責を担う事になりました。

ロケ取材会当日は月曜日で、本来トヨタ博物館は休館日となっている日でした。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:鈴木 修一郎

愛知県名古屋市在住。幼少期より自動車が好きで、物心着く前から関心の対象はニューモデルよりもクラシ...