クルマ好きが唸る演出!大橋守さんが語る「真夜中のスーパーカー」への熱い思い

公開日:Posted in エンタメ by

以前、NHKBSプレミアムにて3月28日22時より放映予定の、トヨタ博物館でトヨタ2000GTが活躍するナイトミュージアムテイストのファンタージドラマ「真夜中のスーパーカー」のロケ取材会の模様をお伝えしましたが、先日NHK名古屋放送局広報の宮形さんより「演出担当の大橋の真夜中のスーパーカーへの思いについて聞いてほしい」というお話をいただき、2月某日、NHK名古屋放送局へ伺ってきました。

NHK名古屋放送局に到着すると

ちょうど平昌オリンピック真っ只中とあって、エントランスはオリンピック中継のパブリックビューイングスペースにもなっており、ボブスレーやスキー板の展示もありました。

CL 鈴木:まさか、NHKの演出さんから私みたいなフリーライターを指名でインタビューに読んでいただけるとは思いませんでした。今日はよろしくお願いします。(モニターのレースシーンを見ながら)あ、これは取材会でも流れていた映像ですね。

大橋:ドラマ公式ホームページにも載っています。このエンジン音はLFA開発チームの棚橋さんがアドバイスしてくださいました。

CL 鈴木:時々自宅のパソコンで見ているんですよ。トヨタ2000GTは僕も子供の頃からずっと大好きで。

大橋:一緒ですね。(笑)鈴木さんは何年生まれですか?

CL 鈴木:僕は昭和51年(1976年)です。実はトヨタ2000GTの時代ではないんです…

大橋:僕は昭和40年、トヨタ2000GTと同い年くらいです。トヨタ2000GTの時代ではないですが。スーパーカーブームの時期にトヨタ2000GTといえば日本唯一のスーパーカーでした。

CL 鈴木:そうですね、僕はどちらかというとトヨタ2000GTが再評価された頃より後の、スーパーカーブームの頃に生まれたので…。悲しいですが、その頃にはスカイラインRSが出てその後にR32GT-R出て、海外のスーパーカーに肉薄する国産車が出て、トヨタ2000GTとかヨタハチとか忘れ去れた時代なんですよね。鉄バンパーのクルマの最後の時代に生まれて、クロームメッキに丸ライトのクルマが町中から消えていくのが寂しかったんですよ。その時に日本にトヨタ2000GTというクルマが昔あったということを知って衝撃を受けたんです。こんなクルマ日本で作ってたの?って。

大橋:衝撃ですよね。でもなかなか実物にお目にかかれない…。モーターショーには行かれるんですか?

CL 鈴木:当時は小矢部にあったんですけど、現在は小松市にある日本自動車博物館で初めて2000GTを見ました。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:鈴木 修一郎

愛知県名古屋市在住。幼少期より自動車が好きで、物心着く前から関心の対象はニューモデルよりもクラシ...