ネオクラシックの白眉、メルセデスベンツ190E 2.5-16 エボリューション1・2の伝説をミニカーで辿る

最終更新日: 公開日:2016-06-16 | Posted in エンタメ by

メルセデス・ベンツの長い歴史のなかでも、モータースポーツ直系モデルとして生を受けたモデルは数えるほどしかありません。なかでも1989年に登場した190 E 2.5-16 エボリューション1(通称:Evo 1)と、1990年に登場した同エボリューション2(通称:Evo 2)は、DTM制覇のために製作された伝説的なモデルとして現在人気沸騰中。特にエボリューション2は、一時期500万円前後で売られていた時期もありましたが、現在1,000万円以下で物件を見つけるのは困難な状況となっています。

top

今回はネオクラシックのなかでも別格の存在感を発揮する、メルセデス・ベンツ 190 E 2.5-16 エボリューション1・2の伝説をミニカーで辿っていきたいと思います。

evo_01
▲ミニチャンプス 1/43 Mercedes-Benz 190 E 2.3-16 1984(品番 430 035600)

190 E 2.5-16 エボリューション1および2のルーツとなったモデルが、1984年に登場したメルセデス・ベンツ190 E 2.3-16です。DTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)をはじめとするGr.Aツーリングカーレースへの参戦を目的に、メルセデスがコスワースと共同開発した4バルブヘッドを搭載したことで当時大きな話題となりました。その2.3リッター直列4気筒DOHC自然吸気エンジンは、最高出力185ps、最大トルク235Nmを発揮。ナルド・テストコースで当時の世界速度記録をマークしたことでも有名になりました。
190 E 2.3-16は世界のツーリングカーレースで高い戦闘力を発揮。日本でもレイトンハウスカラーのマシンが1986年に登場しました。しかし、エースドライバーの萩原光は菅生で同車をテスト中に事故死。その年のル・マンで日産をドライブすることが決まっていたなかでの悲劇はいまだに忘れることができません。事故から30年が経った今でも鮮烈な印象を呼び起こすマシンです。


▲スパーク 1/43 レイトンハウス メルセデスベンツ 190 E 2.3-16 Gr.A 1986 全日本ツーリングカー選手権 Rd.1 MINE #16 萩原光/黒澤元治(品番 SKB43007)
ミニカー専門店の「キッドボックス」では、レイトンハウスカラーの190 E 2.3-16 Gr.A仕様をスパークに特注。3種類ある製品のうち、萩原光が実戦で走ったマシンもはこの製品のみ。

その後、190 E 2.3-16は、1988年のフェイスリフトを期にエンジン排気量を2.5リッターに拡大した190 E 2.5-16に進化。さらに1989年のジュネーブ・モーターショーでは、ツーリングカーレース用に各部を改良したエボリューションモデルとして190 E 2.5-16 エボリューション1が発表されました。
Gr.Aエボリューションモデルの規定台数は500台のため、190 E 2.5-16 エボリューション1は、502台が限定生産されたといわれています。エンジンはノーマルの190 E 2.5-16をベースとしながら、ボア×ストロークを変更してショートストローク化した別物。最高出力はノーマルと同じ195ps、最大トルクは235Nmを発揮しています。さらに最高出力を225psに、最大トルクを240Nmに強化したAMGパワーパックもオプション設定。メルセデスとAMGの結びつきがこの頃から強化されていきました。

evo_03
▲ミニチャンプス 1/43 Mercedes-Benz 190 E Evo 1 Street Blue black met.(品番 Best.-Nr. 3000 B)
写真はドイツのミニカーメーカー、ミニチャンプスが当時発売した1/43ミニカー。ダイキャスト製のボディは上下2分割式になっていました。写真のブルーブラックのほかに、シグナルレッドとパールグレーのカラーバリエーションが存在します。

190 E 2.5-16 エボリューション1の外観上の特長は、ダウンフォース効果を高めた前後スポイラーと、ワイドタイヤの装着およびトレッド拡大を狙ったオーバーフェンダーの装着です。これによりトレッドはフロントで14mm、リアで24mm拡大され、タイヤサイズは225/50R16サイズに変更。さらにハイドロニューマティック方式の車高調整機能も備わります。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:北沢 剛司

’70年代のいわゆる「スーパーカーブーム」の洗礼を受け、以来、クルマの世界にどっぷり浸かって大人にな...