豊富なアクションにマイスター魂が宿る!懐かしのMade in Germanyミニカーはネオクラシックの宝庫だ

公開日:Posted in エンタメ by

’80年代から’90年代のネオクラシックが気になるクルマ好きにとって、当時のクルマがミニカーとして数多く製品化されている現代はとても幸せな状況です。しかし、あまりにも出来が良すぎるため、取り扱いに気を遣ったり、誤ってアンテナやミラーなどを破損してしまうことも少なくありません。その点、ネオクラシックの時代につくられた当時のミニカーは基本的に頑丈で、しかも開閉部分が豊富なドイツ製品などは触って眺めるのが楽しいアイテムでした。今回は’80年代から’90年代にかけてつくられた、ドイツ製ネオクラシックミニカーの魅力をお伝えしたいと思います。

豊富なアクションにマイスター魂が宿る!懐かしのMade in Germanyミニカーはネオクラシックの宝庫だ!

リアルさの追求は果たして正解なのか?

ネオクラシックと呼ばれるクルマには、メーカーや国ごとの個性が色濃く表れているものが数多く存在します。しかし、グローバル化とグループ化が進んだ現代の自動車は、クルマの特徴を国ごとに分けるのは困難な状況にあります。それはミニカーの世界も同様。’90年代を境にメーカーが生産拠点を本国から中国に切り替えてリアルさを追求したことで、メーカーごとの個性が薄くなってしまいました。

当時の私は、どんどんリアルになっていくミニカーに驚嘆し、あまりの出来の良さで思わず買ってしまうことが少なくありませんでした。しかし、当時のベテランコレクターの方たちは、「出来が良すぎるとつまらない」とよく語っていました。そんな言葉に対して当時の私は『時代の変化についていけない旧世代の嘆き』としか思えず、かなり反発していました。しかし、今になってみると、確かにその言葉の意味がよく分かるようになりました。ミニカーは基本的にリアルであればあるほど素晴らしいものですが、極端に言えば、どのメーカーがつくっても似たり寄ったりの製品内容になります。今は技術が成熟しているためどのメーカーの製品も出来が良く、あとは買う側の好みの問題だけという状況です。同一車種のミニカーを並べて、それぞれのメーカーを言い当てられる人はいったい何人いるのでしょうか。

豊富なアクションにマイスター魂が宿る!懐かしのMade in Germanyミニカーはネオクラシックの宝庫だ!
▲CURSOR-MODELL 1/35 Mercedes-Benz W123(品番 71315)

それに対して、’90年代までのミニカーにはメーカーごとの個性、国ごとの個性が色濃く表れていて、それがミニカーコレクションの面白さでもありました。老舗ブランドの安定感が特徴のイギリス、個性的なレジン製ミニカーのメーカーが多かったフランス、1/24スケールに強いイタリアなど、それぞれの得意分野を活かした製品づくりを行っていたのです。

なかでもドイツ製のミニカーは、実車と同じようなカッチリとしたつくりで、さらにボンネットやドア、トランク/テールゲートの開閉は当たり前というクオリティの高い製品内容が特徴的でした。その技術力の高さはまさに職人芸であり、ドイツらしさが凝縮されていたのです。

豊富なアクションにマイスター魂が宿る!懐かしのMade in Germanyミニカーはネオクラシックの宝庫だ!
▲“Made in Germany” と刻印されたメルセデス・ベンツSL 500(R129)のミニカー。

思えば、最近はドイツ製品に対する『マイスター』という言葉を聞かなくなった気がします。フランスの『エスプリ』と並んで常套文句のように使われていた言葉も、グローバル化によりすっかり見かけなくなりました。
ミニカーはもちろん出来の良さがなにより大切です。しかしながら、メーカーや国ごとの個性が強く現れていた時代の製品には、現代にはない強烈な輝きを放っているものも多数存在するのです。

豊富なアクションにマイスター魂が宿る!懐かしのMade in Germanyミニカーはネオクラシックの宝庫だ!
シャシーに “Made in Federal Republic of Germany”(ドイツ連邦共和国)と刻印されたゲレンデヴァーゲンのミニカー。’80年代につくられた製品には、パッケージに “Made in West Germany”(西ドイツ)と記載されたものもあります。

高品質なミニカーが失ったものとは?

ミニカーの世界では、長年ドイツのメーカーが圧倒的なクオリティで業界をリードしてきました。メーカーでいえば『ミニチャンプス』と『シュコー』が有名です。それらは設計をドイツで行い、生産は中国で行っています。現在、世界のミニカーメーカーの多くは中国での生産を行っていますが、先鞭をつけたのは、ドイツのポールズ・モデル・アート社が1991年に立ち上げた『ミニチャンプス』でした。高品質な量産ミニカーを安価に提供することに成功し、今日のミニカー設計のスタンダードを築き上げました。こうして高価なレジン完成品モデルでなければ不可能だった高品質志向の製品が増えていったのです。

その一方で、ミニカーが高品質志向になればなるほど、取り扱いに気を遣う製品が増えてきました。それまでのミニカーは、手に取って眺めるのが普通の楽しみかたでした。ところがボディに繊細なパーツが数多く取り付けられるようになったことで、触ると壊れそうな製品が増えてしまったのです。それどころか、ミニカーを台座から外すことさえためらわれるような製品ばかりになりました。こうしてミニカーファンは、いつしか台座を持ってミニカーを眺めるようになったのです。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:北沢 剛司

’70年代のいわゆる「スーパーカーブーム」の洗礼を受け、以来、クルマの世界にどっぷり浸かって大人にな...