定期的なコレクション整理は気分転換に最適。 お宝発掘はお金のかからないエコな趣味活動だ!

公開日:Posted in エンタメ by

昔からクルマが好きでたまらないというエンスーな方々のなかには、若い頃にいろいろなクルマ関係グッズを集めた経験のある人は少なくないでしょう。筆者も小学生時代にスーパーカーブームを経験しているため、その頃から集めたクルマグッズが今も残っています。それらは捨てられることも整理されることもなく、ずっと段ボールの中に眠った状態。昭和時代のグッズがまったく整理されないまま、平成の終わりを迎えてしまいます。時代の節目を迎えてそんな危機感を感じ、まずは段ボールの中を確認してみることにしました。

細く長く楽しめるエコな趣味活動とは?

ひとくちにクルマ関係グッズといっても、その内容はさまざまです。筆者の場合、カタログと書籍類、ミニカー、プラモデルが一大勢力となっていて、それぞれ分散して保管している状態。定期的なコレクション整理をするにも、どこから手をつけていいのかわからないのが実情です。そこで第一歩を踏み出すべく、まずは自宅と実家に保管してあるカタログ類の箱を中心に開封してみました。

定期的なコレクション整理は気分転換に最適。 お宝発掘はお金のかからないエコな趣味活動だ!

▲スーパーカーブーム時代のアイテムをいまだに保管している人は少なくないのではないでしょうか。筆者の場合、カード類と消しゴム類が現存しています。左上のプレゼント応募ハガキは、模型メーカーの東京マルイが当時発売していたプラモデルに入っていたもの。ハガキには「裏面にプラモデルを含む当社製品に対してのご批判をお寄せ下さい。」と書かれています。「ご意見・ご要望」ではなく「ご批判」と記載されているので、とりあえずディスらないといけなかったのでしょうか。ちなみに右下の写真は、スーパーカーショーを見に行った時の筆者。微妙な表情で視線を外しているのは、この直前に父親に叱られたため。原因はまったく覚えていないのですが、不機嫌そうな当時の思い出を40年以上にわたって苦笑しながら見る羽目になりました。

そのようなアイテムたちを定期的に発掘することは一見無駄に思えますが、思わぬメリットもあります。

まず、発掘したアイテムが今の自分にとって価値があるかどうかを判断することができます。価値があると思うならとっておけばいいし、価値がないと思えば処分することで身の回りをスッキリできます。

特に小さいお子さまがいる家庭などは、新たにモノを買ったり、クルマのイベントに出かけたりするのは、金銭的にも時間的にも難しい場合があったりします。しかし、既存のコレクション整理にはお金もかからず、ちょっとした時間の合間に行うこともできます。

定期的なコレクション整理は気分転換に最適。 お宝発掘はお金のかからないエコな趣味活動だ!

▲昔、レース系のステッカーやワッペンなどが欲しいときは、通信販売を利用していました。なかでもよくお世話になっていたのが「岩下レーシング」さん。乗り物からアイドルまでポスターの種類が豊富で、少年ジャンプなどの広告を見て「次は何を注文しようか」とワクワクしていたことを思い出します。残念ながらお店は閉店してしまったとのことですが、’80年代にクルマ好きだった人にとっては、忘れられない存在でしょう。

結果的に「処分するものが何もない」という場合でも大丈夫。懐かしい品々に触れることで癒しにつながったり、思わぬ発見に驚いたりすることがあります。特にクルマのカタログなどは、当時の流行とかメーカーの期待感の高さなどが感じられて、新鮮な発見があることも。ときにはそんな視点で自動車文化の歴史を振り返るのも面白いかもしれません。

少年時代の思い出が蘇るカタログ

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:北沢 剛司

’70年代のいわゆる「スーパーカーブーム」の洗礼を受け、以来、クルマの世界にどっぷり浸かって大人にな...