2000GTとLFAの熱いレースシーン!NHKの愛知発地域ドラマ撮影秘話

公開日:Posted in エンタメ by

前回に引き続きNHK「真夜中のスーパーカー」の制作者インタビューをお送りします。今回は、実際にLFAとトヨタ2000GTを走らせてレースシーンを撮影した時のエピソードなどを中心にお話を伺ってきました。

地域発のドラマ制作への思い

CL 鈴木:僕は昔、絵を描いていたんですが実物を見ないと描けないんです。文章を書いても本物を知らないと嘘を書いてもバレちゃうんですよね。僕はまだ小説を書くということはしていないんですが、フイクションでも本当の事をうまく混ぜないと薄っぺらい話になると思うんですよね。貴重な体験を実際にしてストーリーに反映しないと、奥行きのある物語は出来ないと思うんです。

大橋:おっしゃる通りです。これも結構なぶっちゃけばなしですが、60分の中でそれなりの物を見たという風に感じてもらうには、ある程度座りのいい結論といいますか、歩留まりみたいなものがすでに提案段階に必要なわけです。こういうメッセージを届けるべくこういう話にすればちゃんと歩留まるはずだ、という最低限のラインと言いますか。「地域発ドラマが作り手に対して与えるミッション」に応える義務がありますしね。

今回でいうと、名古屋局に転勤してきたからには自動車をテーマに愛知発地域ドラマを作ろうと、まずは意気込んだ。どうやら長久手に古今東西のクルマを展示してある自動車博物館があるらしい。自動車博物館があるなら、そこでたとえばベン・スティラーのナイトミュージアムみたいな話を作るっていうことまではスルスルっと…

CL 鈴木:スルスルっと出てきた!

大橋:はい。そこまではあっという間の発想で、何の苦労も無かったですね。

ここで前任地の広島での話に

大橋:僕が名古屋局に転勤してきたのは、1年半前なんです。その時点で地域発ドラマを名古屋局がまだやってないのはもったいないなと思いました。僕はその前広島にいたんですが、みんな口を開けば「野球はカープ」(笑)。たとえば、カープが戦後「樽基金」って言ってそれでお金集めて市民球場作ったとか、地域みんなで支えたとか、そういった話はいまだにドラマ化するとみなさん泣きながらご覧になるんです。なら当然「自動車は…」

CL 鈴木:マツダですよね。広島の人はたしかに乗ってる人、多そうですよね。

大橋:あれだけ広島人が地元企業をひいきしているんだから、さぞ名古屋人も…と思ったら意外とそれほどでもないかな、と。もっと自由にいろんな会社のクルマに乗っているなという印象は受けましたけど。

CL 鈴木:(笑)。「名古屋だからクルマはみんなトヨタ」ってわけでもないんですよ。大体、半分くらいかな。

大橋:でもまぁ、少なくとも愛知が地域発ドラマを作るときに「自動車産業をさしおいて他の題材にする手は無いでしょう」ってみなさんおっしゃるだろうと思って。ナイトミュージアムって発想は、いわばお客さんをドラマの世界に引っ張りこむための仕掛けなんですよね。自動車に興味ない人にもドラマを見てもらいたいじゃないですか。

もちろん、自動車産業を主な糧としている愛知県なり東海地方がプライドを持って支えている自動車の産業に光を当てて、自動車産業が人々の生活といかに密着しているか、そして最終的に「やっぱり自動車を作る事って素晴らしいな」って思ってもらえるストーリーにすることができれば内容面でも歩留まるはずだ。「それがミッションだ」と見据えて作業を始めるわけですが…、ただそれだけだと最初に思い込んだものをなぞるだけの作業になっていくんです。

貴重なレースシーン撮影のエピソードも語っていただきました

大橋:ところが2017年はあの2000GTが販売50周年だと知りまして、そこから本気モードといいますか、そこを掘りたいという「ディレクターの虫」みたいなのが騒いだんですよね。で、掘ってみたら、この21世紀に2000GTに勝るとも劣らないインパクトを持ったスーパーカーが、物凄い情熱に満ち溢れたリーダーシップのもとに10年という長期間を経て開発されていたという事実を知りました。世界に冠たる大企業から今、その種の芸術品が生まれるのは奇跡であろう、と。

CL 鈴木:LFAですね!!

大橋:LFAの開発チーフ・棚橋晴彦さんに出会って、色々とお話を伺いました。その過程で「本物をちゃんと体験させなきゃだめだ、このディレクターに」って、棚橋さんご自身が思ってくださったんですね。で、実際にLFAに乗せていただき、新幹線と勝負するくらいのスピードを体感させていただいたというわけです。それはもう、目の覚めるような体験でした…。このドラマに取り組む姿勢そのものを、根底から一新させていただいたような、そんな凄まじい体験でしたね。

CL 鈴木:実際の体験によって、撮影の方針が影響を受けたということですか?

大橋:じつをいうと、僕はもっとチャチい仕上がりになってもいいから、このドラマを作るべきだと最初は思っていたんですが、こうなったらもう後戻りはできない。最初の僕の想像を遥かに超えるゴージャスな形で撮影する覚悟を決めました。しかし実際の撮影時には僕なんかよりもっと真剣にクルマを愛して、クルマのために生活を捧げている人たちの情熱によって、あれよあれよという間に僕が想像していた以上の状況が展開してしまい、僕は唖然とするほかなかったです。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:鈴木 修一郎

愛知県名古屋市在住。幼少期より自動車が好きで、物心着く前から関心の対象はニューモデルよりもクラシ...