横浜みうら湯から、さらに奥日光温泉寺へ…ちょっくらグランドツーリング

公開日:Posted in ドライブ by

MAZDA2仕様のデミオですが、初月は4500kmほど走り、その翌月は、試乗の機会なども多く月間で700キロほどしか乗りませんでした。ただ、それに反省してまた乗ってますので、ぼちぼち7000キロというところ。5000キロ前後のところで少しクルマがしなやかになったかな、と感じるのは他の車と同じですね。

IMG_2628

ファクトリー装着のTOYOタイヤも少し一皮むけた感じです。しかし絶対的にはやかましいですが。あと、あまり燃費を気にして低回転ばかり多用すると、DPF内の燃焼フェーズが頻繁に、長めに作動し、一気に平均燃費を2キロほど悪化させるくらいまでアイドリングストップしなかったりすることを考えると、やはりGTだなあ、と思ったりしています。まあ、幼少期に荒削りなマツダ車に家で乗っていたからこそクルマ好きになったような節のある小生にとって、「おおむね不満なし」どころか、やや過分なほどの出来のクルマには変わりありません。間も無く半年点検とオイル交換に入れる予定です。

横浜の「みうら湯」へ

さて、クルマでのお出かけをちょっとここに書きたいと思います。「デミオでやらかした話」です。最近はおかげさまで、常にタスクにテキストの予定があるようになりました。これはとてもありがたい話です。ただ、その分温泉に行けなくなった!で、実態は肩も凝ったり横になって寝られない日もあったりするので、もっと行きたいくらいなのですが。そんな中、京急グループが運営している横浜の弘明寺の近く、京浜急行の高架下にある温泉施設「みうら湯」のことを思い出し、ちょっと出かけてきました。横浜は最近出かけることが多く、ここは鉄道系の施設ながら駐車場も高架下なため施設規模の割に豊富。行きやすいのです。

IMG_2630

結構ガチな黒湯が沸いていて、いいお湯です。この黒さはかなり屈指ではないか。最近以前とは違う視点で風呂に入りますがそんな印象を持ちます。

IMG_2636

どんなお湯かは資料もあるのでぜひ見てみましょう。久々に入ってみてとてもいいお湯。何かホームに帰ってきた感じでした。とろっとしていて、なめらかな肌触り。かといってベタベタせず冬も温まるし、夏でも汗を流すのにいいお湯です。大好きなんでオススメします…

デミオだとつい距離感がわからなくなる

普段はここでおしまいなんですが、この日乗って来たクルマはデミオです。燃費がいいことは遠くへ行くことの障害をいくつも取り払うような効果があります。なんとなく久しぶりに入ったみうら湯が呼び水になり、もう少しガチなお湯に入りたいなあ、と思ってしまったのです。そこでなんとなく「ん?北関東?」明くる朝の朝風呂とかで入るつもりなら時間のムリもないし、おもしろいかもしれないというので、調べていたら。

たまたま奥日光に朝風呂が入れる場所があるようだということがわかりました。デミオくんにはナビが付いております、便利。(もっともそれはハナから相手にしないつもりだったのですが。最終的に目的地にたどり着くためのナビであり、途中はあくまでも逆らって走るのが私の流儀のようになっております。)ということでひたすら栃木、ではなく、群馬方面にクルマを進めました。16号を走り、八王子、横田基地の横を通り、狭山のあたりから更に郊外の中を通りぬけ、ETC深夜割引を逃すのは嫌なので鶴ヶ島で関越道に乗り沼田インターへ。この間で仮眠をとりました。

日本ロマンチック街道を抜けてみたかった。

IMG_2637

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...