軽井沢の「アンシエントホテル浅間軽井沢」はクルマを愛するホテル

公開日:Posted in ドライブ by

クルマ好きたちと、軽井沢の「アンシエントホテル浅間軽井沢」に行ってきました。ここのホテルのオーナーもシトロエンを愛し、前から存じ上げていた方なのですが、こちらに1930年式のシトロエンC6が納まり、そのクルマの為のガレージができたというので、仲間でお邪魔した次第なのです。

IMG_8310

関越自動車道をクラシックカーで

IMG_8330

久しぶりにエンジンをかけますので「かかるかしら…」と恐るおそるかけてみたところ、何事もなかったように一発始動。むしろ、勢い良くガスが送り続けられた直後にかける場合などよりかかりがよいのでは、と感じるほど。遠くまっすぐな関越自動車道をこのクルマで走ったことが今までありませんでしたが、なんとも心地よいドライブでありました。

燃費も良好。結局15リッターほどを残して軽井沢往復はこなしましたので7.5キロ〜8キロくらいは走ったのではないでしょうか。まあ、褒められた数字ではないですが、30年前のV6ツインターボのクルマです。街中で乗るよりはこういうところで乗るのがふさわしいクルマのようですね。低いところで心地いいビートを奏でながら、あっという間に藤岡。そしてあっという間に軽井沢でした。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...