1974年式ポルシェ911 RSRも!億単位のクラシックカーがオークションへ続々登場

公開日:Posted in ドイツピックス by

2017年夏、欧州で開催予定のオークションでは、超高額で落札が予想される個体が続々登場するようです。

まずは、7月2日のモナコで行われるアートクリアルオークション。ここにはホワイトカラーの「ポルシェ911 RSR」が出品されます。

今回出品されるポルシェ 911 RSRは、わずか51台しか生産されなかったうちの1台。しかも、この個体はセブリング12時間レースに12回、24時間レースに8回参戦しているヒストリーの持ち主でもあります。これまで、オーナーは数回変わりましたが、最後はポルシェコレクターであるトム・リントン氏の手にわたり、出品前にカリフォルニアのRSRスペシャリスト、ジム・トレス氏によってレストアが施されています。予想落札価格は約1.6~1.8億円とされています。

つぎにドイツの自動車都市、シュトットゥガルトで8月に開かれるオークションには、注目すべきメルセデス・ベンツが2台登場。「メルセデス・ベンツ 300SL ガルウィング」と「メルセデス・ベンツ 300SL ロードスター」、どちらもオリジナルの状態のままの同時出品です。この2台は、いずれも60年以上ある1組の家族に所有されていました。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:NAO

在独6年目のライター。Current Europe GmbH (ドイツ現地法人)所属。ドレスデン工科大学修士課程を修了し...