旧車ファンの利用が絶えないフランクフルトの最年長タクシー「メルセデス300SEL」

公開日:Posted in ドイツピックス by

ドイツのタクシーといえば、メルセデス・ベンツのEクラスかトヨタのプリウスが定番になっています。ですが、ヨーロッパの玄関口・フランクフルトでは運良く最高齢の「クラシック・タクシー」に出会えるかもしれません。

「僕は最近の自動車が嫌いだ」と語るのは、タクシー運転手のクードラー氏。そんな彼が運転するのはメルセデス・ベンツの300SEL。1988年製のSクラス、ずっしりとしたボディ、ムッとしたような顔で当時の首相「ヘルムット・コール」とドイツ人の間で呼ばれているモデルです。

このメルセデスは海外販売用の希少なガソリンエンジンモデル。1988年にルクセンブルクの王家に納入されたものを、後に購入しました。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:NAO

在独6年目のライター。Current Europe GmbH (ドイツ現地法人)所属。ドレスデン工科大学修士課程を修了し...