60年代に姿を消した「メルセデス レーシングカー・トランスポーター」のレプリカが公開

最終更新日: 公開日:2016-06-13 | Posted in ドイツピックス by

アメリカの大物司会者でカーマニアとしても有名なジェイ・レノ氏が、世界のあらゆるクルマを紹介するYoutubeチャンネル「ジェイ・レノ ガレージ」。今回は1950年代にレースシーンで活躍したメルセデス・ベンツのレーシングカー・トランスポーターが同番組にて公開されました。

メルセデス300SLのエンジンを搭載し、レーシングカー積載時でも170km/hのスピードを持つ世界最速のトランスポーター。メルセデスがレーシング界から全面撤退した後、活躍の場を無くした同モデルはメルセデス博物館に展示される予定でしたが、建物の床がこの重量を支えきれないことが判明。

展示は断念され、60年代に入ってからも空きスペースに放置されていたトランスポーターはついにスクラップと化すことに。その後、博物館の改装を経てトランスポーターの再生計画がされましたが、作業図もオリジナルパーツも残っておらず、復元には7年もの時間を費やしたようです。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:NAO

在独6年目のライター。Current Europe GmbH (ドイツ現地法人)所属。ドレスデン工科大学修士課程を修了し...