ロシアで12年放置されたメルセデス・ベンツT2 407Dを復活させるプロジェクトが話題に

公開日:Posted in ドイツピックス by

まずはエンジンを始動させるために必要最小限のディーゼル燃料を入れ、新しいバッテリーを持ち込んで電極を繋ぎ、その後、根気強くエンジンがかかるのを待ちます。何度も何度も繰り返したのち、12年も止まったままだったエンジンは見事に復活!本人たちも「ドイツ車は簡単には壊れないエンジンを持っている」と驚き、ドイツのエンジニア力のすさまじさとあらためて感じたといいます。

Mercedes-Benz 407D Test Drive After 12 Years (1080p)

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:NAO

在独6年目のライター。Current Europe GmbH (ドイツ現地法人)所属。ドレスデン工科大学修士課程を修了し...