世界最大のダンプカー「リープヘル T264」がメッセで大人気

最終更新日: 公開日:2016-04-18 | Posted in ドイツピックス by

ドイツ・ミュンヘンで4月17日まで開催されていた、様々な産業で活躍する機械が世界から集まる建設機メッセ「バウマ(Bauma)」。

基本は企業向けですが、一般客や子供もでも楽しめるイベントも用意されており、今年の会場にはドイツの大手建設機メーカー「リープヘル」が手掛けた世界最大のダンプカー「T264」が登場。

全長14.1メートル、幅8.6メートル、高さは7.2メートルで全体の重さはなんと400トン、巨大ディーゼルモーターと電気ハブモーターから生み出される最大2700馬力というパワーはまさに「モンスター」。約6メートルあるタイヤは1つで250万円以上というから驚きです。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:NAO

在独6年目のライター。Current Europe GmbH (ドイツ現地法人)所属。ドレスデン工科大学修士課程を修了し...