このマークどんな意味?アウトバーンに「自動運転車用」新標識が導入

最終更新日: 公開日:2016-12-26 | Posted in ドイツピックス by

12月15日からドイツ南部ミュンヘン~インゴルシュタット間のアウトバーンにある標識が出現。見慣れないマークにドライバー達も戸惑ったのではないでしょうか。

しかし心配ご無用、この標識は我々人間へではなく、クルマに向けての案内なのです。

白黒のデザインに、直径70cmのこの標識は一見何を意味しているのかわかりづらいかもしれません。

これは自動運転車が走行しやすくするための車・路車間通信向け「基準点(オリエンテーションポイント)」を表す標識で、ここから発されるセンサーを感知すると、車の走行位置を㎝単位まで確認できるというもの。

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:NAO

在独6年目のライター。Current Europe GmbH (ドイツ現地法人)所属。ドレスデン工科大学修士課程を修了し...