独ダイムラー、商用バンを電動化

公開日:Posted in ドイツニュース by

独自動車大手のダイムラーは11月20日、軽商用車部門のメルセデスベンツ・バンが販売する商用バンを電動化する計画を発表した。中型バン「ヴィトー」の電動モデル「eヴィトー」は直ちに受注を開始する。出荷は2018年下半期を予定している。2019年には「eスプリンター」を市場投入し、続いて「シタン」の電動モデルも発売する計画。また、顧客ニーズへの対応を強化し、充電インフラの整備や保守管理などを含めた総合的なサービスを提供していく。

独ダイムラー、商用バンを電動化

商用バンは、手工業、配送業務、旅客輸送など、投入分野によって使用状況や保有車両の規模などが異なる。メルセデスベンツ・バンはこのような状況に配慮し、調達コストや稼働コストなどの費用面だけでなく、充電インフラの整備や、走行ルートの最適化、電動バンのドライバーの運転教習、車両が不足した場合のレンタルサービスなど、総合的なサービスや保守マネジメントを提供する。

メルセデスベンツ・バンは3月、独物流大手ヘルメスから市内配送に使用する電動商用バン1,500台を受注したと発表した。配送業務に適した車両の仕様変更に対応するほか、車載電池の残量や航続距離に応じて走行ルートを最適化するなどのコネクテッドカーサービスの提供も計画している。2018年初めにハンブルクとシュツットガルトでパイロットプロジェクトを開始する計画で、ヘルメスはドイツ国内で2020年末までに電動商用バン1,500台を導入する。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:CL編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがな...