独ダイムラー、車両データを活用した新しいサービス利用を可能に

公開日:Posted in ドイツニュース by

遠隔診断サポートは2018年12月から開始した。故障コードを公開するもので、顧客が修理事業者などの第三者に当該データへのアクセスを許可する必要がある。メルセデスベンツのデジタルサービスポータル「メルセデスミー」や「メルセデスプロ」などでアクセス権を付与することができる。顧客は何の目的のために誰にアクセス権を付与したかを把握することができ、データ利用の透明性を確保することができる。

メルセデスベンツ・データも2018年12月から開始した。車両データをベースとしたサービスを提供する第三者にデータを提供するもので、当初は、

◇走行距離(利用ベースの自動車保険)
◇燃料の残量◇ドアや窓の開閉状況
◇ドアの施錠状況およびコンパス機能による車両の方向確認
◇電気自動車の充電残量と航続距離

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:CL編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがな...