ドイツの「電気駆動車購入補助金制度」が開始以降、2番目の高水準を記録

公開日:Posted in ドイツニュース by

ドイツ連邦経済・輸出管理庁(BAFA)によると、連邦政府と自動車メーカーが共同で実施している電気駆動車(エレクトロモビリティ)を対象とした購入補助金制度は、2018年9月の申請が4,936件となり、同制度を開始した2016年7月初め以降で2番目の高水準となった。

※画像はイメージです

2016年7月初めから2018年9月までの累計申請件数は8万274件。内訳は、純粋な電気自動車が4万9,733件、ラグインハイブリッド車は3万522件、燃料電池車は19件となっている。この助成プログラムでは、ゼロエミッション車である純粋な電気自動車(BEV)と燃料電池車(FCEV)に4,000ユーロ、プラグインハイブリッド車(PHEV)に3,000ユーロを補助している。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:CL編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがな...