自動車型式認証制度を抜本見直し、EU3機関が規則案で合意

公開日:Posted in ドイツニュース by

欧州議会、欧州連合(EU)加盟国と欧州委員会は7日、自動車型式認証制度の改革に関する規則案の内容で基本合意した。独フォルクスワーゲン(VW)による排ガス不正問題の再発防止に向けた取り組みの一環で、車両検査の独立性を高め、EU全体で監視体制を強化するのが狙い。欧州議会と閣僚理事会の正式な承認を経て新規則が導入される。

自動車型式認証制度を抜本見直し、EU3機関が規則案で合意

現行の型式認証制度では、自動車メーカーは新型車を投入する際、各国当局が指定する検査機関で安全基準や環境基準、製造規定に適合しているかどうかの審査を受けて事前に認証を取得しなければならないが、既に市場に出回っている車両が再び検査を受けることはない。VWは試験時だけ排ガス浄化機能をフル稼働させる違法ソフトを搭載して有害物質の排出を抑えていたことから、欧州委は昨年1月、認証済みの車両に対する抜き打ち検査の導入などを柱とする型式認証制度の抜本的な改革を提案。欧州議会と閣僚理で検討が進められていた。

規則案によると、各国当局は「市場監視プログラム」に基づき、認証済みの車両を対象に抜き打ちで適合検査を実施し、結果を公表しなければならない。安全や環境基準を満たしていない車が見つかった場合、すべての加盟国は型式認証を与えた国の規制当局が対策を取る前に、自国での流通を制限するなどの措置を講じることが可能になる。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:CL編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがな...