ドイツ乗用車新車登録、1 月は 1.4%減少

公開日:Posted in ドイツニュース by

ドイツ連邦陸運局(KBA)が4日発表した2019年1月の国内乗用車新車登録は、26万5,702台となり、前年同月に比べ1.4%減少した。昨年1月は登録台数が1999年以降で最も多かった反動もあり、1月は前年同月の実績をやや下回った。

顧客別では、法人が全体の66.8%(前年同月比1.6%増)、個人は33.1%(同7.0%減)を占めた。

燃料別では、ガソリン車が全体の57.6%(8.1%減)、ディーゼル車は34.5%(2.1%増)占めた。電気自動車は前年同月比68.2%増の4,648台と2ケタの増加だった。ハイブリッド車も66.4%増の1万5,171台に急伸した。なお、このうちプラグインハイブリッド車は26.2%減の2,119台と低迷した。天然ガス車は245台(71.7%減)、液化石油ガス車(LPG)は898台(123.4%増)だった。ブランド別では、フォード(14.6%増)が好調だったほか、スマート(7.6%増)、アウディ(3.7%増)、MINI(3.3%増)が前年同月を上回った。ポルシェ(53.8減)は大幅な減少だった。BMW(7.5%減)、オペル(6.6%減)、フォルクスワーゲン(VW)(6.5%減)、メルセデスベンツ(4.3%減)も前年同月を下回った。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:CL編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがな...