甦った伝説のマシン!トムスがKP47スターレットに込めた想いとは?

公開日:Posted in コラム by

去る2月17日、18日にパシフィコ横浜で開催された「Nostalgic 2days(以下、ノスタルジック2デイズ)」会場に展示されていた1台のKP47スターレット…。ノスタルジックヒーロー(Nostalgic Hero)誌の連載で、レストアされていく模様をチェックしていた方もいるはずです。

トムスがKP47スターレットに込めた想いとは?

▲現代に甦ったKP47スターレット

この個体を出展していたのは、株式会社トムスのデザインセクションであるトムスデザインセンター。2016年10月から、同社のファクトリーでスタートしたというKP47スターレットのレストアプロジェクト。ノスタルジック2デイズ会場での取材を通じて、このクルマや、同社が秘めている想いをより詳しく伺ってみたいと感じ、インタビューをお願いしたところ、快く応じていただきました。

トムスがKP47スターレットに込めた想いとは?

▲今回は静岡県御殿場市にあるオフィスにお邪魔してきました。この外観に見覚えがある方もいるはず

同社がクルマ好きに向けて伝えたいこととは?そして、旧車オーナーにとっては朗報となるかもしれない情報を伺うこともできました。

今回、お話しを伺った方

トムスがKP47スターレットに込めた想いとは?
株式会社トムス デザイン事業部 営業課 課長 大岩 芳彦さん

御社が取り組んでいる事業内容についてお聞かせいただけますか?

トムスがKP47スターレットに込めた想いとは?

▲こちらのステッカーもぜひ販売をお願いしたいところ(トムスさんにもリクエストしてきました)

トムスとしては、主にレーシングチームの運営やレース用のクルマのパーツの開発を行っています。そこで得た経験や知見をもとにして、エアロ、マフラー、ホイール等のアフターパーツ用の企画・製作・販売を行っています。さらに、レーシングカーを開発した経験や知見を、どのようにして他の分野にアウトプットしていくか?また、製品作りに活かしていくかを考えています。

他の分野にアウトプットしていく…ということは、クルマ以外もジャンルも視野に入るのですか?

トムスがKP47スターレットに込めた想いとは?

はい。現時点ではクルマに注視しています。クルマ好きにもいろいろなベクトルがありますよね。トムスとして、できることを常に模索しています。

また、他の分野という点においては、将来的にドローン、ジェットスキー、スノーモービル等のデザインなども視野に入れています。

KP47スターレットがレストアされることになったきっかけは何だったのですか?

トムスがKP47スターレットに込めた想いとは?

▲3次元測定器を使い、新たに製作されたKP47スターレットのフロントスポイラー。この技術とノウハウが旧車の欠品パーツで悩むオーナーさんたちにとって救いになるかもしれません

当社で保管していた3K-Rエンジンを復活するにあたり、会長である舘からのアイデアでKP47スターレットとしてレストアしようということになったんです。それが2016年でした。使えるパーツは再生する形で使用し、欠品しているパーツの一部は3次元測定器で計測し、社内で製作しました。

トムスというとトヨタ自動車との結びつきが強いイメージがあります

トムスがKP47スターレットに込めた想いとは?

そうですね。事実、トヨタ自動車さんとの繋がりは長く、深いものがあります。しかし、他メーカーさんとの取り引きも多少はあります。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:江上 透

CL副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の企画/制作/運営...